日本経済停滞の3大メガ戦犯?三菱・三井住友・みずほ銀行からコンサル転職6大理由

日本経済停滞の3大メガ戦犯?三菱・三井住友・みずほ銀行からコンサル転職6大理由

社会の資金を最適配分し、企業の課題にソリューションを提供し、経済の血液循環けん引役を担うべき3大メガ銀行。しかし実際は低金利・手数料低下・IT業界からの異業種参戦に対応できず、凋落の一途をたどっています。問題は若いころは優秀だったはずの社員を、数年で「役に立たないコンサバおじさん」に変えてしまう人事制度。若ければ辞めましょう。若くなくても、これまでのように手厚い企業年金は望めません。よっぽど部署と上司と専門性に奇跡的に恵まれてない限り、銀行は辞めたほうが、貴方と社会のためになります。

三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行から退職すべきヒト・しがみつくべきヒトの分水嶺大ポイントとは?

.専門性が身につかない、コントロール不能なキャリアでも、銀行を信じて心中できるかどうか

銀行は年でローテーションを繰り返しジェネラリスト養成志向という、「数十年同じ銀行で働く」という時代錯誤の前提でキャリア設計がされています。

結果的に専門性がつかず、かつ配属先に希望は聞き入れられないため、やりたいことや向いていることを考える余地がありません。

したがって銀行にとどまるかどうかは、銀行に言われるままのキャリアを歩み続けることに問題意識を感じないかどうかが、決断の大きな分け目となります。


.配属部署・上司・専門性ある業務内容の大奇跡に恵まれるかどうか

銀行でのキャリアは基本的に、配属希望が聞き入れられません。しかし配属された部署・支店、また上司によって、その後の出世が大きく左右されます。

また上司によっては年功序列を反映し、パワハラ気味の人も多く、その下で働き気を病む人も。

当然業務内容も選ぶことができないため、よほど奇跡的にこの...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける