プライベートエクイティ業務実態~事業承継案件の成否を決める3大条件とは?

プライベートエクイティ業務実態~事業承継案件の成否を決める3大条件とは?

日本のミッドキャップバイアウトファンドはそのディールアングルとしてどこもが、中小オーナー企業の事業承継案件について口にします。しかし口では簡単に言っても、その実現までには気の遠くなる人間関係構築プロセスが待っているもの。オーナーの思想やケミストリーフィット、そしてコントロールできないタイミングまで、様々な要素が絡み合います。そんな事業承継ディールの実態に関し、弊社参画のPEプロフェッショナルが開設します。

プライベートエクイティファンドでの実務:事業承継案件を成功させるための三大条件とは?

日本国内PEは、国内社会の少子高齢化・後継者不足問題を背景に、事業承継案件のソーシングに勤しむ。

そしてこのソーシング活動は、PE転職志望者をはじめ、業界外部の人間からみたとき、「簡単でしょそれ。だって、後継者いないんだから。」と、あたかも簡単に捉えるふしが、多分にある。

 

この「事業承継案件簡単説」は大間違いである。本コラムでは、事業承継案件ソーシングの成否を決する大条件を挙げ、生身の実話をとりいれつつそれぞれ解説する。

 

条件その:オーナー株主の思想

筆者の知り合いに、よくPEからアプローチされる某外食企業の創業家社長A氏がいる。彼は、PEがいかなる説得を試みようが、軒並みバイアウトの協議入りを断っている。

 

A氏の理由は単純明快だ。「外部の知見やサポートは大歓迎。フィーをはらうから、コンサルではいってほしい。」である。

 

そして、彼はたたみかけるようにこう付け加える:「...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける