プライベートエクイティからスタートアップ転職・起業で失敗しないための注意点

プライベートエクイティからスタートアップ転職・起業で失敗しないための注意点

プライベートエクイティファンドからの転職先として人気急上昇の、ベンチャー企業幹部職。資金調達に成功した有力ベンチャーにおいて、CFO職への人材需要が非常に高まっています。しかし、プライベートエクイティからベンチャーに移って、無残な失敗をする人も。PE業界からベンチャー企業へ転職する際の注意事項を解説します。

プライベートエクイティからスタートアップ転職・起業で失敗しないための注意点

PEを辞め、うまくベンチャー起業家に転身したひとたちに、実は充実したひとが多い。

 

そもそもの話、ファイナンスができるCFO職は、いまやベンチャー企業のあいだで引っ張りだこ状態だ。ベンチャーの創業は、原則、技術開発からはいるため、とにかくベータ版をだしてユーザー数を増やすのに集中するケースがおおい。足元の資金繰りは、創業者らが見様見真似のエクセル加工で資料作成し、低バリュエーションでの増資と融資とで切り抜ける。

 

そして、だんだん会社が成長してくると、ファイナンス周りでより高度な専門性が必要とされてきて、外部株主や主幹事証券からも、専門性ある財務管掌役員の招聘を強く求められる。

 

結果、いまやベンチャー企業へのCFO転職は、完全なる売り手市場になってしまった。リクルーターへ募集要項をだそうにも、「いまは候補者は枯渇状態でおりません。情報がはいりましたらお知らせします」といった具合で、真剣に取り合ってさえくれない始末である。

 

もっぱら、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける