プライベートエクイティ面接で、絶対に知っておきたいカーブアウト案件の実態とは?

プライベートエクイティ面接で、絶対に知っておきたいカーブアウト案件の実態とは?

プライベートエクイティファームへ転職後、その後の投資プロフェッショナルとしての成否はなんといっても、魅力的なディールソーシング能力につきます。日本のプライベートエクイティディールの主要アングルの一つ、大企業のカーブアウト案件の特徴と実態、またPEプロフェッショナルとして心得ておくべき注意点に関し、某大手著名PEファームで活躍するストロングキャリア講師陣の方に、解説していただきます。

プライベートエクイティ転職後に知っておきたい、大企業非中核事業売却案件の実態とは?


プライベートエクイティの世界で成功するには、なによりも「案件ソーシング力」が必要だ。逆にいえば、儲かる案件さえ発掘できたなら、資金や人はいくらでもついてくる。

 

そこで本コラムでは、PEファームがソーシングする案件のなかで最も「うま味」ある、大企業の非中核事業や子会社のカーブアウトへの投資(略してConglomerate spin-out, “CS案件という。)について、述べてみたい。

 

CS案件が「おいしい」ディールである理由は単純明快だ。手放す側の大企業が、昨今のガバナンス改革や株主からのプレッシャー、そして競争環境の激化などを理由に、非中核事業を放出する強力なインセンティブをもっているからである。そして、ソフトバンク・グループしかり、昨今のアクティビスト投資家の台頭で、大手上場企業らによるこの流れは加速化する一方だ。

 

受け皿となるファンドからすれば、良質な事業を割安、場合によっては超割安、に買収できる可能性を秘めているのがCS...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける