コンサルや外資金融、PEからスタートアップ転職時に考えるべき3大ポイントとは?

コンサルや外資金融、PEからスタートアップ転職時に考えるべき3大ポイントとは?

外資系戦略コンサルティングファームや投資銀行、PEファームで働きながら、スタートアップ経営陣への転職を果たす人が増えています。以下ではリクルート人材センター(現リクルートキャリア)で累計売上実績歴代トップなどスーパー営業ウーマンとして活躍し、現在ではエグゼクティブ層の採用を中心とした株式会社morichi代表の森本千賀子氏が、「プロフェッショナル人材のスタートアップCXOチャレンジ」を題材としたテーマについて解説します。

エリート層が転職時に、「優秀な人がいる職場」を目指すときのドデカい落とし穴

Q:まずは、森本さんのバックグラウンドについてお伺いします。これまで転職エージェントとして約2万人の転職希望者とお会いされて、そのうち約2千人が成約されたそうですね。

 

森本千賀子(以下、森本)実際に会っている人は3万人ぐらいいるかもしれないですね。成約している人は2千人を超えています。

 

Q:そのうち、転職に成功した人はどれぐらいいるのでしょうか?

 

森本 基本的に転職後を追っかけるのは難しいのですが、比較的会社に馴染んだ方が多い傾向にあります。

ただ、成否を考える上で「カルチャーフィット」って結構大きいんですよね。実際、面接を何回したところでも、カルチャーギャップが原因で辞めてしまうことも多い。

 

鉄則①「活躍できるフィールドの有無」を考えるべし

Q:コンサルやPE,外資金融などで働くプロフェッショナル人材が転職で成功するために、どのようなポイントを確認しておく必要があるのでしょうか?

 

森本 活躍できるフィールドがあるかどうか、というところですね。


意外と、優秀な人がいる環境で働きたいとおっしゃる方々がいるのですが、逆に言うと、優秀な人はある種ライバルになってしまう。転職してみたら、優秀な人がずらーっといて、自分のポジションがないじゃん!ということが意外と多いんですよね。

 

たしかに、優秀な人が多いことは一見魅力的に感じるのですが、自分が活躍できるフィールドがちゃんと残されているかどうかですね。同じような人がいる環境に入ると、その人と比べられてしまいます。

 

私はよく「マイノリティ戦略」と言っているのですが、自分が活躍できる環境を見つけるためには、自分と似たような人がいないところを探した方がいい。

例えば、マッキンゼーやBCG出身者が腐るほどいる環境に行くと、そこで戦わなければいけないので難易度が高い。

 

鉄則②マイノリティ戦略で、自分の希少価値を上げよう 

Q:私も思うのが、いくら優秀で勉強ができて、かつ努力をもの凄くする人で、会計・バリュエーションや戦略フレームワークに習熟している人でも、ライバルと同じような物差しで測られてしまうと辛い。

結局「同じような真面目な人」との間でラットレースになってしまい、苦労する割にアップサイドがあまりなかったり・・・。

 

森本 そうなんですよ。自分が活躍できるフィールドが残されているかどうか、そういう観点で考えていかないと、転職後にその過ちに気付くことが多い。

 

逆に、賢い転職者の方からは、むしろ同業者が一人もいない職場を紹介してほしい、と頼まれることもあります。結局は、希少価値なんですよね。そういう職場に入るとめちゃくちゃ重宝される。

 

たしかに、同じような視界で仕事をしてきた人がいた方が、心理的安全があったり、会話のレベルに乖離がなかったり、リスクがないように思うけれど、逆にそれ自体がリスクだという話をよくしています。

 

鉄則③目指したいキャリアゴールを置き、3通りの登り方を考える

Q:自分が活躍できる環境に行くという話で言うと、あらゆる若い人にとっては、「自分はどんな環境であれば生き生きと活躍できるのだろうか?」という点が悩むポイントだと思います。

森本さんは、どのようなアプローチでアドバイスされていますか?

 

森本 最も重要なのは、目指したいキャリアゴールが何か、ですね。例えば、40代・50代といったマイルストーンの中で、自分がどうなっていたいか、どのような働き方、生き方をしたいかをまず聞いてみる。


キャリアゴールがあるとしたら、そのゴールへの登り方は3通りぐらいありますねと提示して、あなただったらどうしますか、というように確認していくことが多いですね。

 

Q:もう少し突っ込んだ話をすると、ほとんどの人が「キャリアゴールがわからない問題」に直面していると思います。

一応何かしら答えられるけど、「本当に自分が目指していたことだっけ?」と。

大半の「口だけビジョン」の人に、「本当にガチでやり遂げたいビジョンはこれでしょ?」と気付かせることが、プロの腕の見せ所なのかなと思います。

 

森本 そうですね。例えば、「働き方のロールモデルになるような「人」は周りにいませんか?」というように、具体的な「人」のイメージを持ってもらって、「その「人」はどのようなワークスタイル、ライフスタイルを持っていますか?」と、聞いてみる。

例えば、「大企業の執行役員をしながら、一方で大学教授のようなアカデミックな分野で活躍する選択肢を持っていたい」とか、「有望なベンチャーにエンジェル投資家として経営支援をして、若い経営者を育てるような余生を過ごしたい」とか、イメージしているものを壁打ちしていくと、成し遂げたいことが見えてくる。

あとで変わってもいいので、まずはゴールを置いてみましょう。そのゴールに向かって行くのに、今採れる手段はこの
3通りですが、どうしましょう?」といったことを話しています。

 

キャリアゴールのイメージはない人が大半~「生き方のイメージの伴走者」としてのエージェントの役割

 

Q:ゴールって明確なイメージがほとんどないものだから、ロールモデルを通じてどういった要素を採り入れたいか、ビジョンの明確化をサポートしている感じですね。

 

森本 そうそう、そんな感じです。例えば、「大企業の中で、「お前使えない」と言われてクビ切られるのだけは避けたい」と、小出しでキーワードを出してくるものです。

 

それらを拾いながら、「あなたはこういうビジネスパーソンですね」、と具体的なイメージを持ってもらいます。そして「そのゴールへの登り方は3通りありますけど、どうします?」と落とし込んでいく感じですね。

漠然と言ってもイメージがつかないので、具体的な案件を紹介しています。目の前の仕事のイメージだけでなく、生き方のイメージまで伴走しているケースが多いですね。

 

選択肢が増える生き方をしよう~「日常と違う筋肉を使う」ことの大切さ

Q:森本さんのような生き方からすると、当時はロールモデルを探すことが難しかったと思います。森本さんにとってのロールモデルは誰だったのでしょうか?

 

森本 実在しているわけではないのですが、私がいつも大事にしていたことは「できるだけ沢山の選択肢を持っておきたい」ということです。

生き方にしても、働き方にしても、自分が良いと思った道をいかようにでも選べるように、たくさんの選択肢を持てるようなキャリアを作っておきたいと思っていましたし、だからこそ途中で副業や兼業もしていました。

 

Q:選択肢を増やすために重要なことは何でしょうか?

 

森本 いま目の前にある業務以外でトレーニングを積まなければいけないですよね。ビジネスモデル然り、業務スキル然り、日常で使っている筋肉とは全く違う筋肉を使うことです。

例えば、私が一番最初に取り組んだのは
NPOの理事だったんですよ。それまでは儲けてなんぼのリクルートにいたので、そうではなくて収益も大事だけれど、社会貢献を一つのアウトプットにしている組織の在り方を学びたいと思い、NPOで理事として経営支援をしていました。

そうしたら、そこに集う人たちのマネジメントはリクルートとは全く違っていた。

彼らにとっては、顧客からの感謝だったりフィードバックが直接的なモチベーションになっていたりする。

マネジメントの手法も全く違ったので、新たな学びになりましたね。


「自分が選んだ人生を正解にするのは、自分しかいない」~自分が齎している価値と大義を意識しよう


Q:これまで3万人の転職希望者を見てきた経験から、「ハッピーキャリア」と「アンハッピーキャリア」を歩む人の違いはどの辺にあると思いますか?

 

森本 そうですね、少し哲学的になってしまうのですが・・・、私個人的には転職エージェントという仕事を天職と思っていて、ハッピーキャリアを積み上げていると思っているのですが、究極的には私がどんな仕事に就いても同じことを思っていたんだろうな、と思うんですよね。

 

クランボルツ教授の計画的偶発性理論(Planned Happiness Theory)ではないですが、偶々の巡り合わせで今の仕事をしているだけであって、もし巡り合わせが少し違っていたら、もしかしたら保険、金融、不動産といった仕事をやっているかもしれない。

 

何をやっていても「私が今やっている仕事は天職だ」と言い切れただろうな、と思っています。そういうマインドセットが大事ですね。

 

Q:今ものすごく良い言葉を仰いましたが、今やっている仕事を天職だと思えるマインドセットの背後にあるのは、「自分が選んできたことなのだから頑張ろう」といったところでしょうか?

 

森本 そうですね、自分で選んだ人生を正解にするのは自分しかいないということ。あとはどんな仕事でも、そこに顧客がいる限りは必ず価値を提供しているわけで、自分がやっている仕事の先にどんな人たちにどんな価値を提供しているのかをちゃんと意識することが大切だと思います。

 

究極的には、自分のやっていることに対するやりがい、大義といったものは自分の意識次第で持つことができると思っています。そういう人こそ、まさに今求められている人材なんですよね。


頭が柔らかい時に修羅場を経験すること~高度成長期の企業に入ってこそ、自身の成長速度も高まる


Q:ついに本日の本題に移ります。なぜ今、プロフェッショナルファームで働く人たちに、スタートアップCXOに挑戦することをお勧めされるのでしょうか?

 

森本 今まで会ってきたエグゼクティブ、プロフェッショナルと言われる世の中に必要とされる人達には共通点があるんです。出来るだけ頭のやわらかい(素直に吸収できる)時に修羅場を経験しているのがプロ人材と言われる人達の共通点です。だからこそ、よりヒリヒリするような経験値を積んでもらいたい。そういう意味ではスタートアップに勝るヒリヒリはないのです。

 

Q:なんといっても、いつ潰れるかわからない・・

 

森本 そうです。ブランド力もない、お金もない、ないないづくし。あるのはビジョンと志だけでもどの会社も必ずそういう時期があった。

そこから努力、工夫の中で今のトヨタ、ホンダ、ソフトバンクが生まれてきている。


要はどこのフェーズに関わってきたかでその人の成長速度、成長曲線が変わってきます。よってスタートアップに取り組む時ほど人が成長する環境はないと思っています。

 

また創業者じゃないにしても経営者マインドをもって、バカバカ経費を使えなかったり、営業をしたり、マーケティングをしたり、時には人事もやったり色々な役割を1人で担います。

そういう意味で人としても、ビジネスパーソンとしても成長する環境があると思います。

 

日本は超高度経済成長期の中で、大企業だったとしてもどんどん成長していき、どんどん環境も変わっていきました。海外にも行けるし、そういう環境があったと思うんですけど、今は大規模企業は数十%以上の成長をし続けるって難しいじゃないですか。

そうすると成長戦略が取れない中で仕事をしなくてはいけない。チャレンジできる環境や機会は少ないんじゃないでしょうか?。

 

Q:まさにそう思います。日本の大企業に不満を持っている人のチャレンジする環境がないだとか、同じことをやらされる。そういう話ですよね。

 

森本 そうです。成長マーケットに身を置くこと、上が詰まっていない環境じゃないとポジションも空かない。

 

Q:確かに上がつかえて・・

 

森本 ましてや海外に出て行くとか新しいチャレンジをそう簡単にはできないので、そういう意味ではスタートアップだとそういう経験ができるんじゃないかと思っています。

 

スタートアップ選びの3大ポイント:経営者の器、経営チーム、市場性 

Q:ちなみに、こんな人はスタートアップに行くな、あるいはこんな会社に行くな、みたいなものってありますか?

スタートアップかと思ってたら、スタートダウンで、そのまま転落キャリアをコロコロ転げ落ちる人も、確かに存在しますしね。

 

森本 ちゃんと成長していく会社でないと自分にとってもビジネスチャンスとは言えない。成長ポテンシャルが本当にある企業なのか、そこの見極めはとても大事です。それこそ経営者の器が試される。本物かを見極める力はとても大事です。

 

Q:具体的に、「本物」といわれる経営者とは?

 

森本 世の中のベンチャーキャピタルや投資家の方々皆さんが言っていますが、何に投資しているかというと、経営者の人間性が最も重要です。


誠実で素直で周りにいる人への感謝の気持ちを伝えることができるヒューマンスキルを投資家は見ています。要は人間力がある人です。

 

Q:森本さんご自身は、これからどういう会社、人を応援していきたいですか?

 

森本 それは、ビジョンだけでなく、強いチームを構築している人です。1人でやれることには限界があります。経営チーム、CXOのクオリティや補完関係は見るべきポイントとなります。

いかにスタートアップで人材を集められるかも運でもあり、大切な部分だと思います。

 

Q:その裏返しで、残念無比なスタートアップ企業はどういったものが挙げられますか?

 

森本 それはとても難しいですね。敢えて言うと、たとえば創業者の語るビジョンが、表面的だったり、結局、「なんのためにやるのか」が自分に向いている人。「有名になりたい」「お金持ちになりたい」というベクトルだと人はついてこないです。

 

それともちろん、先に述べた市場性も大事です。世の中から必要とされるビジネスであることは重要です。このコロナの影響でよりこのことが浮き彫りになったと思います。

よって、①経営者の器 ②経営チーム ③必要とされるビジネス(市場性)の3つに着眼されると良いと思います。

*ストロングキャリアでは御志望業界のトップファームで活躍する講師陣・本コラム執筆陣が、無料でキャリアアドバイスを提供しております。簡単な御経歴とご希望の連絡先及び御相談・御質問内容を、質問フォームから御送信ください。会社紹介とユーザーの声はこちらをご参照ください。

お知らせ・おすすめ記事

プライベートエクイティ業界理解
プライベートエクイティ転職:いきなり売上5年分確定、というPEビジネスを知れ
プライベートエクイティ転職:いきなり売上5年分確定、というPEビジネスを知れ
プライベートエクイティ転職の本質:面倒な仕事を全てアウトソース」する仕事へ
プライベートエクイティ転職の本質:面倒な仕事を全てアウトソース」する仕事へ
PE転職志望者様へ:なぜ、いまバイアウトファンドなのか、わかってますか?
PE転職志望者様へ:なぜ、いまバイアウトファンドなのか、わかってますか?

PE投資の実践的仕事内容~未経験者が転職前に知るべき、リターンの3大源泉とは?
PE投資の実践的仕事内容~未経験者が転職前に知るべき、リターンの3大源泉とは?
プライベートエクイティ業界転職前の基本知識〜業界マップとファンドの選び方とは?
プライベートエクイティ業界転職前の基本知識〜業界マップとファンドの選び方とは?
プライベートエクイティファンド転職前の基礎知識20選!PE投資・年収・仕事内容
プライベートエクイティファンド転職前の基礎知識20選!PE投資・年収・仕事内容

プライベートエクイティ投資の仕事の本質~パートナー実務で最重要なLP対応の実態
プライベートエクイティ投資の仕事の本質~パートナー実務で最重要なLP対応の実態
プライベートエクイティ社員の多くが知らない、PE税制の基本とは?
プライベートエクイティ社員の多くが知らない、PE税制の基本とは?
プライベートエクイティ転職前に知りたい業界基本知識(2)
プライベートエクイティ転職前に知りたい業界基本知識(2)

もっと読む


閉じる
プライベートエクイティ業界への適正チェック
プライベートエクイティ業界転職対策特集
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
投資銀行ないしFAからのPE転職志望動機アルアル~プリンシパル側で働きたい?
投資銀行ないしFAからのPE転職志望動機アルアル~プリンシパル側で働きたい?
商社からプライベートエクイティに転職希望者が急増~志望理由9大パターンとは!?
商社からプライベートエクイティに転職希望者が急増~志望理由9大パターンとは!?

プライベートエクイティ転職成功者の前職3大パターン&面接で絶対に見られる事は?
プライベートエクイティ転職成功者の前職3大パターン&面接で絶対に見られる事は?
プライベートエクイティファンド転職時の逆質問で、やめてほしい質問とは?
プライベートエクイティファンド転職時の逆質問で、やめてほしい質問とは?
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!

プライベートエクイティ転職志望者(米系投資銀行VP)からの御質問と回答
プライベートエクイティ転職志望者(米系投資銀行VP)からの御質問と回答
プライベートエクイティ転職面接で、なぜ他のファームでなく弊社?”と聞かれたら?
プライベートエクイティ転職面接で、なぜ他のファームでなく弊社?”と聞かれたら?
プライベートエクイティ転職できる人の3大成功パターンとは??
プライベートエクイティ転職できる人の3大成功パターンとは??

もっと読む


閉じる
プライベートエクイティ業界各社の特徴
プライベートエクイティ転職後のキャリアと日常
プライベートエクイティ業界からの転職
プライベートエクイティ面接対策100本
プライベートエクイティ転職後に重要な、割安案件の発掘に必要な3大要素とは?
プライベートエクイティ転職後に重要な、割安案件の発掘に必要な3大要素とは?
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!

プライベートエクイティ転職志望者が心得るべき深すぎる「事業法人」との付き合い方
プライベートエクイティ転職志望者が心得るべき深すぎる「事業法人」との付き合い方
プライベートエクイティ投資の仕事の本質~パートナー実務で最重要なLP対応の実態
プライベートエクイティ投資の仕事の本質~パートナー実務で最重要なLP対応の実態
PEファンド転職後のパフォーマンスレビュー基準説明~仕事がデキる人の特徴とは?
PEファンド転職後のパフォーマンスレビュー基準説明~仕事がデキる人の特徴とは?

プライベートエクイティ業界転職前の基本知識〜業界マップとファンドの選び方とは?
プライベートエクイティ業界転職前の基本知識〜業界マップとファンドの選び方とは?
プライベートエクイティへの転職対策総まとめ~コンサル・投資銀行からのPE転職
プライベートエクイティへの転職対策総まとめ~コンサル・投資銀行からのPE転職
日本初・ESG投資グローバルベンチャーキャピタル Mパワーのユニークな特徴
日本初・ESG投資グローバルベンチャーキャピタル Mパワーのユニークな特徴

もっと読む

































閉じる
戦略コンサル転職対策100本
コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?
コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?
コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサルは中途転職が新卒より有利か?
コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサルは中途転職が新卒より有利か?
コンサル転職面接対策大失敗!外資戦略コンサル中途面接で避けたい失敗20パターン
コンサル転職面接対策大失敗!外資戦略コンサル中途面接で避けたい失敗20パターン

35歳からのコンサル転職~年齢的にコンサル転職をお勧めしない3大理由とは??
35歳からのコンサル転職~年齢的にコンサル転職をお勧めしない3大理由とは??
MBTIでみたプライベートエクイティ・コンサル投資銀行転職適職診断とは?
MBTIでみたプライベートエクイティ・コンサル投資銀行転職適職診断とは?
ローランドベルガーからマッキンゼー転職で分かったマッキンゼーの意外な魅力とは?
ローランドベルガーからマッキンゼー転職で分かったマッキンゼーの意外な魅力とは?

コンサルからスタートアップに転職して全く役に立たない人の、悲しき6大特徴とは?
コンサルからスタートアップに転職して全く役に立たない人の、悲しき6大特徴とは?
コンサルティング企業給与比較~コンサル各社の給料水準を徹底比較!
コンサルティング企業給与比較~コンサル各社の給料水準を徹底比較!
コンサル転職対策総まとめ!未経験者・第二新卒のコンサル面接対策決定版!!
コンサル転職対策総まとめ!未経験者・第二新卒のコンサル面接対策決定版!!

もっと読む





























閉じる
外資系投資銀行面接対策100本
投資銀行転職面接対策総まとめ~外資金融への転職・面接で重要なコラム50選!!
投資銀行転職面接対策総まとめ~外資金融への転職・面接で重要なコラム50選!!
投資銀行転職後の年収の全て~何故給料が高いのか?部門別年収ランキングとは?
投資銀行転職後の年収の全て~何故給料が高いのか?部門別年収ランキングとは?
金融業界で働く意義とは何なのか、3大働き甲斐パターンとは?
金融業界で働く意義とは何なのか、3大働き甲斐パターンとは?

企業価値とは?~金融機関への就職・転職を考える前に考えたい企業価値5大ポイント
企業価値とは?~金融機関への就職・転職を考える前に考えたい企業価値5大ポイント
激務の果てに欲しいもの~ピカイチに虚しい外資金融転職の3大雑務とは??
激務の果てに欲しいもの~ピカイチに虚しい外資金融転職の3大雑務とは??
不動産金融(REIT上場)からの転職相談~日系金融は年収が低いのに激務!
不動産金融(REIT上場)からの転職相談~日系金融は年収が低いのに激務!

外資金融面接で、どの株を勧めるか聞かれたら、コレを考えよう!
外資金融面接で、どの株を勧めるか聞かれたら、コレを考えよう!
リーマンショック時の大量解雇で実感!!投資銀行業界内レピュテーションの重要性
リーマンショック時の大量解雇で実感!!投資銀行業界内レピュテーションの重要性
外資金融、社内恋愛を避けるべき3大理由とは?~出世レールを外れる大リスク!?
外資金融、社内恋愛を避けるべき3大理由とは?~出世レールを外れる大リスク!?

もっと読む
















閉じる
プロフェッショナルスキル研修・財務モデル編
後輩バンカーに舐められたくない!!投資銀行転職後に重要な財務知識とは?
後輩バンカーに舐められたくない!!投資銀行転職後に重要な財務知識とは?
財務モデル・バリュエーション実務研修セット~DCF/LBO/COMPS
財務モデル・バリュエーション実務研修セット~DCF/LBO/COMPS
基本から教えて欲しい!!財務モデル・バリュエーション研修 Q&A(初級編)
基本から教えて欲しい!!財務モデル・バリュエーション研修 Q&A(初級編)

財務・バリュエーションモデル研修 QA(上級編)(DCFモデル・コンプス)
財務・バリュエーションモデル研修 QA(上級編)(DCFモデル・コンプス)
企業価値バリュエーションの計算方法4選とは~DCF, PER, PBR, DY
企業価値バリュエーションの計算方法4選とは~DCF, PER, PBR, DY
LBOモデルテストでPE転職志望者が陥る、残念モデル20大欠陥パターンとは?
LBOモデルテストでPE転職志望者が陥る、残念モデル20大欠陥パターンとは?

企業価値評価・バリュエーション手法への5大質問~金融テキストに関して
企業価値評価・バリュエーション手法への5大質問~金融テキストに関して
COMPS(コンプス)で間違うバリュエーション(企業価値評価)5パターンとは?
COMPS(コンプス)で間違うバリュエーション(企業価値評価)5パターンとは?
外資金融実務研修:プライベートエクイティ企業買収時、なぜSPCを使うのか?
外資金融実務研修:プライベートエクイティ企業買収時、なぜSPCを使うのか?

もっと読む



閉じる
新卒ハイレベル就活
経営共創基盤の塩野誠氏が生まれ変わったらアイドルのスカウトマンになる理由とは?
経営共創基盤の塩野誠氏が生まれ変わったらアイドルのスカウトマンになる理由とは?
エリック松永氏が語る、「死ぬまで後悔するキャリア」のススメ
エリック松永氏が語る、「死ぬまで後悔するキャリア」のススメ
アクサ生命安渕社長に聞くESG企業リーダーの在り方とは?
アクサ生命安渕社長に聞くESG企業リーダーの在り方とは?

外資系金融機関からMBA後にアマゾンに転職し起業してみた
外資系金融機関からMBA後にアマゾンに転職し起業してみた
「最強の就職活動」高宮慎一氏登壇
「最強の就職活動」高宮慎一氏登壇
チームメンバー紹介:野間円
チームメンバー紹介:野間円

130回外資面接からの教訓 (ストロングキャリア前身:外資セミナー初年度挨拶)
130回外資面接からの教訓 (ストロングキャリア前身:外資セミナー初年度挨拶)
外資コンサル/外資金融就活の先にあるもの
外資コンサル/外資金融就活の先にあるもの
適職診断の軸とは?自分にとって大切な軸(基準)を知ることが大切
適職診断の軸とは?自分にとって大切な軸(基準)を知ることが大切

もっと読む












































閉じる
総合アクセスランキング