KKRへの転職~プライベートエクイティ業界の言い出しっぺ?の5大特徴とは?

KKRへの転職~プライベートエクイティ業界の言い出しっぺ?の5大特徴とは?

KKRは1970年代にプライベートエクイティというビジネスモデルを始めた最初のPEファームです。以降、世界各地でファンドサイズ、リターン、集める人材の質、KKRキャップストーンの創設(専属バリューアップチームもKKRが最初でした)など、様々な点でPE業界でリーダーシップを発揮してきました。そして転職市場ではマッキンゼーやゴールドマンサックス社員のトップクラスの人材にとっても非常に狭き門ですが、その報酬水準もPE業界最高水準で、KKRからの転職先も華やかです。そんなKKRの特徴について解説します。

KKRへの転職を考える時に知っておきたい大ポイントとは?

.KKRは超絶エリート志向世界各地のオフィスで共通する特徴

KKRは、エリート志向が強いプライベートエクイティ業界の中でも、最もエリート志向が強い会社です。オフィスのデザインからして、一見外見からはわからないのですが、ドアを開けると世界各地のKKRで共通するマホガニーの重厚なオフィスが広がる様子にも、その特徴が表れています(社内で出されるコーヒーも美味しい)。

社内は基本的にマッキンゼーやゴールドマンサックスのスター選手がゴロゴロいて、学歴もハーバードやスタンフォード(しかもディスティンクションやトップ数%の優秀な成績者)が沢山います。

経営陣も一流の人材が多く、まだKKRの創業者は投資家説明会に出てきますし、アジアヘッドの方はここだけの話、めっちゃいい声で、外見も何やら日本の堀紘一さんに似ています。

そういえばビジネススクールも同じハーバードですが、ともあれKKRへの転職は、PE業界の中でも最も人材とバックグラウンドを厳選する狭き門として知られています。

.高値で買っても、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける