バイアウトファンド転職:ハゲタカではない事業承継事例と、年収がやたら高い理由?

バイアウトファンド転職:ハゲタカではない事業承継事例と、年収がやたら高い理由?

プライベートエクイティファンドの中でも、マジョリティを取得して経営権を獲得し、経営をコントロールする投資戦略をとるファンドを、バイアウトファンドと言います。バイアウトファンドは1990年代後半に日本に進出した「ハゲタカファンド」といまだに混同されがちですが、その実態は全く別物です。以下ではバイアウトファンドがハゲタカファンドとどう違うのか、またバイアウトファンド転職後の年収はどれ位で何故やたらと高いのか、バイアウトファンドの仕事と年収の仕組みについて、解説いたします。

バイアウトファンドはハゲタカファンドではない

バイアウトファンドというと”ハゲタカファンド”という、それこそ年代後半にゴールドマンサックスASSGが大儲けしていた「不良債権処理時代」のイメージをいまだに持っている人もいます。しかし実態は大きく異なります。

当時はバランスシート不況で、日本に進出した投資ファンドが不良債権を買いたたき、会社の資産を切り売りしたり、半ば強引な回収でリターンを上げました。

その時のイメージから、ローンスターやサーベラスは日本の資産を安く買いたたいて会社をばらばらにする「ハゲタカファンド」という呼び名が広がりました

また日本のドラマでも「ハゲタカファンド」をテーマにしたシリーズが作成され、すっかり「バイアウトファンドハゲタカファンド」という悪い印象が、一部に染みついてしまいました。

しかしこの日本において、そのような仕事のやり方は長続きしません。実際に年代後半や年代初頭にできた”日系バイアウトファンド””和製ファンド”は、企業にガバナンスを齎すという、明確なバリュープロポジションを掲げ、提供してきました。

残念ながら日本では、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。またストロングキャリア・オンラインサロンでは、無料で優秀な会員同士の相互学習・ネットワーキングコミニュティを形成しております。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける