外資系戦略コンサル・投資銀行を目指す日本人の相対的弱みとは?

外資系戦略コンサル・投資銀行を目指す日本人の相対的弱みとは?

海外で活躍する日本人から見た、日本人学生と海外大学生を比較した時の相対的な弱みを、北米トップ校で教鞭をとる、現地在住のストロングキャリア講師が解説します。

外資系戦略コンサル・投資銀行を目指す日本人の相対的弱みとは?

こんにちは。私は北米西海岸にある某大学でカリキュラム・キャリアカウンセラーをしております。
投資銀行やコンサルティングファームを目指す学生を担当することもあり、来日の際にはこの外資セミナーの講師としてお話させていただくのを楽しみにしております。
今回はこちらのコラムで、皆さんの主な競争相手である北米学生と日本の学生の就職準備を比較しながら、皆さんへ応援のメッセージを送りたいと思います。

私が勤務する大学では経済・金融専門の学生は学部ではなく「ビジネススクール」に集約されており、高校の平均成績が90%以上の優秀な学生でも入学が厳しいほどの競争率です。
余談ですが、このビジネススクールは当大学にとっても看板スクールであり、予算からスポーツチームまで特別編成で大学から独立しているほど、特に重視されています。
大学のバックアップだけでなく、卒業生も奨学金や新校舎の建設等で在校生を常に応援しています。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける