外資系投資銀行・日系投資銀行への転職・就職時の学歴フィルターの実態とは?

外資系投資銀行・日系投資銀行への転職・就職時の学歴フィルターの実態とは?

投資銀行への就職・転職をする際に、学歴フィルターはどの程度存在するのでしょうか? 外資系投資銀行と日系投資銀行では、学歴フィルターの強さはどのくらい違うのでしょうか?実は投資銀行の部門によっては、学歴が全くパフォーマンスに影響しないので、いわゆるトップティアの学歴でなくても入社し、活躍している方もたくさんいらっしゃいます。以下では投資銀行の学歴フィルターの実態について、解説致します。

外資系投資銀行・日系投資銀行への転職・就職時の学歴フィルターの実態とは?

投資銀行というとエリート主義のイメージが強いですが、就職時の学歴フィルターは存在するのでしょうか?

実際に高学歴の人が大半ですが、部門によってはそれほど学歴が重視されないことも。投資銀行就職時の、学歴フィルターについて解説します。

外資系投資銀行は殆ど高学歴オンリー、日系投資銀行は学歴の幅が広い

外資系投資銀行は、高学歴の傾向が強いです。これは、ヘッドカウントは少ないのに年収が高くグローバルな仕事も多いので、高学歴層が多くアプライするからともいえます。

また部門によっては高度な数学の素養が必要ですし、面倒な細かい作業を長時間こなさなければならないことも。

このことから、受験戦争で好きでもない科目を地道にこなしてきた人は、行動特性的に向いているということも、無関係ではありません。

必ずしも得意ではなく、やりたくもなく、退屈な科目も全部勉強して受験戦争を耐え抜いた忍耐力が、投資銀行部門などの、退屈で全くやりたくない細かい作業を延々と深夜までこなす行動特性の、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける