プライベートエクイティ転職後、手っ取り早くパートナーに昇進する3パターンとは?

プライベートエクイティ転職後、手っ取り早くパートナーに昇進する3パターンとは?

新規ファンド設立及び、既存PEファームのファンドサイズ拡大が続く2021年のプライベートエクイティ業界。ところで入社後に順調に出世して30代で早々とパートナーに昇進して自由を謳歌する人と、大手ブランドPEファームに入ったはいいものの、優秀な社員が多いわりに投資リターンはパッとせず、ファンドサイズが小さくなっていくのに上は詰まっていて、何時までもディレクター止まりで終わる人の違いはどこにあるのでしょうか?以下に解説致します。

プライベートエクイティ転職後、手っ取り早くパートナーに昇進するパターンとは?

プライベートエクイティファンド各社がファンドサイズを大きくし、かつ新規ファンド設立が相次ぐ年。

プライベートエクイティ業界で働く方も随分増えてきましたが、パートナーまで昇進して自由とリターンを謳歌できるのはひと握りの、有能なやり手か、機を見るに敏であった人を見る目のある人か、有能な上司か友達にたまたま引っ張ってもらった、ラッキーなお調子者です。

以下では有能な競争相手がひしめくプライベートエクイティ業界で早期に頭角を現す人々の大パターンを解説致します。

.新規ファンド創設時に、創業パートナーについていく

まず若くしてPEファンドのパートナーになれる人の最も多い事例が、PEファンドの創業時についていくケースです。

これは日本に限らずどこの国のPEファンドでもそうですが、ゴールドマンなりモルガンスタンレーなりカーライルなり、大手名門ファンド(一昔前は投資銀行も社内にPEチームを抱えていたのです)で活躍していたスターバンカーがファンドレイズして独立する時に、ついて行くのです。

...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング