投資銀行激務で父が過労死!!投資銀行の奴隷仕事が過酷過ぎる3大理由とは?

投資銀行激務で父が過労死!!投資銀行の奴隷仕事が過酷過ぎる3大理由とは?

投資銀行は、「働き方改革」と若手過労死を受けて、やや過酷さもマシになっています。それでも激務であることに変わりはありません。日本人は「言われたことをまじめにこなして褒めてもらう」という承認欲求に突き動かされているケースが非常に多いです。しかしながら、貴方は資本主義のコマになるために産まれてきたわけではありません。間違っても死ぬほど働いてはいけません。以下ではそもそも、仕事が過酷過ぎる理由と、働き過ぎて本当に死んでしまわないためのポイントを解説します。

投資銀行激務で父が過労死!!投資銀行の奴隷仕事が過酷過ぎる3大理由とは?

東京大学経済学部 Sさんより質問

自分の父親が以前、外資系証券会社に勤務しており、面接等で投資銀行に興味を持ったきっかけとして、話すことがあります。父は私が高校2年の時に、過労が原因で亡くなっており、おそらく仕事が忙しすぎたことが原因になっていると考えられます。

この事情を話すと必ず、「自分も同じ道に進んでいいの? 仕事はほんとにきついよ。」という質問が飛んでくるのですが、これに関する明確な答えが用意できません。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。またストロングキャリア・オンラインサロンでは、無料で優秀な会員同士の相互学習・ネットワーキングコミニュティを形成しております。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける