入社直後から活躍する新卒コンサル5大成功ファクター

入社直後から活躍する新卒コンサル5大成功ファクター

新卒でも、コンサルとして活躍できるのか、と思われる方は少なくないでしょう。しかし、現場では、新卒は新卒なりにやることがたくさんあります。新卒で、コンサルに入った場合の、活躍する人の特質と、「まずもって上司にとって、やってくれるとありがたい仕事」を説明します。

入社直後から活躍する新卒コンサル5大成功ファクター

早稲田大学法学部の方よりご質問

新卒で戦略コンサルタントのプロジェクトに携わる場合、実務経験や現場感覚がないので顧客の本質的な悩みを理解する事に苦労すると思います。

そのような感覚や経験の不在を補い問題を解決するための工夫があればお聞きしたいです。

講師からの回答:新卒には新卒のメリットがある

向上心溢れるご質問ありがとうございます。顧客の本質的な悩みを理解したり、クライアントリレーションシップに責任を持つのは一義的には、顧客企業を担当するパートナーであり、シニアマネジャーの役割です。

しかしながらジュニア時代から顧客の本質的な悩みを理解しようという視点を持っている人と、上から降ってくる仕事をこなすだけの人では、コンサルとしての成長速度に大きな差がつくのは、言うまでもありません。

この意味で貴方は既に、問題意識の時点で一歩先を歩まれています。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング