投資銀行就職後、案件に参加できるまでの時間と、向いている人の資質とは?

投資銀行就職後、案件に参加できるまでの時間と、向いている人の資質とは?

投資銀行就職後、優良な案件に恵まれ早く成長するには何が重要なのでしょうか?市況や会社によってはエクセキュ―ションの経験に恵まれずピッチばかりで、マーケティング資料しか作れない人になってしまいます。また下位投資銀行に入ってしまうと、筋の悪い案件(それこそIRアシストとか、他の主要バンクが手を出したくない評判の悪い会社の、怪しげな金融商品での資金調達等)ばかりやる羽目になります。しかし何より重要なのは、迅速で正確に大量の仕事をこなして、「この人はポジション以上の仕事をこなしている」と評判の有無です。

投資銀行就職後、案件に参加できるまでの時間と、向いている人の資質とは?

京都大学大学院 経営管理教育部 女性より質問

投資銀行で一案件に参加できるようになるまで、どのくらい時間がかかるのでしょうか。

講師からの回答

まず第一に、その投資銀行のマーケットポジションと、マーケット全体の環境によりけりです。

ニューヨークやロンドンでのトレーニングが終わる前からすぐに案件に放り込まれるほど忙しい会社もありますし、トレーニングから帰ってきてもひたすらピッチ(営業資料作り)ばかりで、入社して2年間、一度もエクセキューション案件を経験することなく会社を去ってしまった若手バンカーも存在します。

2020年初頭までのように市場で投資銀行の案件が多い時、トップティア(三菱モルガンスタンレー、ゴールドマン、BOAMLなど)は、大変多くの案件を抱えていました。野村証券など国内証券会社、またM&Aを扱うコンサルティングフ...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける