講師Q&A 「任される顧客が小さくて、このままでは出世出来ません…」

講師Q&A 「任される顧客が小さくて、このままでは出世出来ません…」

出世するために大きな案件を任せてもらいたいが、思い通りにならない経験をしてる人は少なくない。しかし、だからと言って上司に直談判することは逆効果だ。同じような道を通ってきた上司はあなたの仕事をちゃんと見ている。直談判する前に現状の仕事で不動の一位を得ることに集中し、行動で実力を示すことが一番の近道なのである。

米系投資銀行株式営業本部 勤務 男性より質問

私は某外資証券で、株の営業の仕事について2年になりますが、今一つ、うだつがあがりません。

これでも自分なりに朝早起きし、誰よりも早くNY株式市場の動向を探り、海外オフィスともまめにコンタクトを採って毎朝の顧客への電話内容を充実させているつもりです。

ただ、チームの先輩たちは、僕よりもみんな最低10歳くらいは年配で、大きな顧客を担当させてもらえるとは思えない環境です。

そうはいっても、大きな顧客を担当しないと、セールスとしての自分も伸びないし、巨額のボーナスも得られないと感じるのですが、こんな私はどうしたらいいでしょうか。今のジレンマを打開する術を教えてください。

講師による回答

まず最初に、私は誰よりも貴方のその悩みを理解している、ということを知っておいてください。

大きな会社で、優秀な先輩がいればいるほど、新卒の「若輩者」の立場は、ひたすらモドカシイものになりがちです。実際、私がアメリカ留学から帰国後就職したときには21歳、他のみんなは全員28~45歳と、とてもじゃないけど頭があがりませんでした。

ここでは、貴方が、貴方のような状況にいるからこそ、してはいけないこと、そしてすべきこと、の2点を解りやすく述べたいと思います。

上司に掛け合うのは逆効果

まず貴方だからこそしてはならないこと。
それは、貴方のその望みを口にだして本当に上司と掛け合うことです。
これだけはしてはならない。
逆効果をうみます。
もう学生生活を離れて2年以上経った貴方は、「自分を他人の目で見る能力と余裕」を身に付けるべき段階に達しています。

貴方の所属するような優れた会社のチームの先輩・上司の方たちは、貴方の考えていること、仕事ぶり、などなどすべてを解っていないようで、実はしっかりとみています。

そうして貴方の「値踏み」をしている最中に、貴方から「でかい客をもたせろ」といってしまえば、周りの貴方に対する評価と信頼・尊敬心はどうなるでしょうか?
貴方も頑張っているに違いありませんが、周りも、年上だけに、より一層責任をもって必死に仕事をしている方たちです。

昨今の景気不安を鑑みれば、さらにそうだといえるでしょう。
自分から野心や欲を持ち出して、「何も知らない、自信過剰なクソガキがなにをいいやがる」と、周りに思わしてしまうようでは、貴方自身がこれから業界で損をすることになるのです。

まずは既存の仕事で不動の一位を目指す

逆に、貴方が、そんな貴方だからこそすべきことがあります。
それは、周りが見える形で、今以上に、仕事のパフォーマンスを向上させることです。

仕事に対する姿勢、業績、経験値、など等、貴方の、株のセールスのプロとしての資質の凄さを、周りの誰もがもはや公式に認知し、奨励せざるを得ない状況を間接的につくることです。
この状況を、言葉や示談などではなく、いきなり行動をもってして創り上げる。
これこそが、貴方の昇進、顧客獲得、そして昇給を実現するための最大にして、唯一の近道なのです。

今、あなたは心の中でこう皮肉ったはずです:「既存の客が小さいとこばっかりなのに、どうやって業績なんかがあがるんだよ。 努力しても限界があるからこそ質問を投稿したのに。」

この類の皮肉は、不正確であり、未熟です。

いま30歳や40歳の、貴方の上司たち。
そして私が21歳だったころに、年配だった先輩や上司たち。彼らも貴方と同じ道を通りました。

貴方がハイテクバブルか、おそらくは2007年前半までの世界的好景気の波に乗る形で優れた会社に入社できたように(貴方がそもそも学歴上優秀であることは明らかなのでそれに対する言及を敢えて略します)、貴方の先輩たちも、過去のバブルに助けられ、過去の不景気に肝を冷やしてきました。
そして彼らも同じように、小さい顧客のみを担当して、着実に生き残り、今日まで成長してきました。

仕事に対する姿勢、情熱を維持し、小さな顧客から、どんどん仲良くなり、信頼を勝ち得、市場に関する情報をいち早く察知する連絡網を構築していってください。

今の貴方には、今のままでも充分にまだまだやることがあるし、できることがあるのです。例えば、その「小さな客」とやらを5~9社担当しているとして、貴方はその全社から株式営業の項目で不動の1位を得ていますか?

「今の自分にはまだまだやることがあるのに、自分の未熟さから端を発する不満や怠惰を、客の規模のせいにしてしまっていた。」

こう気づいた貴方は、その時点でまた一回り大きくなりました。
こういった哲学的な確立と、謙虚さを伴った着実な成長こそが、貴方の本来持ち備える野心や情熱に根拠とバランス感を与え、また一味厚みのあるプロとしての貴方が実現します。

そんな貴方は、いずれは貴方の会社のみならず、業界中の誰もが否定できないくらいに一目置かれるプロフェッショナルとして、存在感を増してゆくでしょう。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69