外資系VS日系コンサル、離職率の違いと3大比較ポイント

外資系VS日系コンサル、離職率の違いと3大比較ポイント

外資系コンサル所属の講師にファーストキャリアにおける外資系・日系の違いを伺った。(結論は、日系と外資を安直に比べるのは極めて無意味なので、より意味のある軸で検討することが重要です)

東京工業大学大学院 理工学研究科 KTさんの方より質問

外資系をファーストキャリアにするか内資経由で外資に行くべきかどちらの方が成長できるか悩んでおります。

外資系の説明会に行くと必ず教育プログラムが整っているということを強調されます。
しかし一年目から高額の年俸を頂くということは裏返せば当然、その年俸に見合う結果を求められていると思います。 ということは外資の成長とは結果がすぐに出る分野でのみ考えていると思います。

また、私は外資系戦略コンサルタントを第一志望としておりますが、会社説明会などに行くと離職率は20%~30%であるとの事でした。
対して野村総合研究所などは離職率が4.5%であることを考えると本当に成長できるのはどちらなのか?

是非実際に働いている方に、会社説明会ではないこのような機会に教えていただきたいと考えております。

講師による回答:大学じゃあるまいし、「教育プログラム」で職場を決めてはならない!

端的にご質問にまず答えます。外資といっても一括りに出来かねます。業界によって人材成長の取り組みや評価期間は変わってくるからです。

しかも外資でもトップティア、セカンドティア、サードティアではもはやほぼ違う業界というくらい待遇やプロジェクト、人材の質に差が出てくるので、外資VS内資という伝統的な比較は、伝統的に意味がないのです。

またそもそも教育プログラムや自分を育ててくれるかどうかを、会社選択の基準にされているところからして、あまりアグレッシブなカルチャーのところは向いていない印象をうけました。

野村総研の事例がでましたが、コンサルティング業界で言えば教育プログラムに関しては世界的にみても手厚いMBBですが、そもそも上昇志向が強く、数年勤務を前提で入ってくる人が多いので、それがポジティブな離職率に影響しているのも事実です。

逆に言えば離職率が低くても、「単に楽だからこのまま居座ろう」という、ネガティブに低い離職率も存在するので、数字だけで一概に判断してはいけません。

本当に成長できるのはどちらかというご質問をいただきました。これはズバリ、ご自身が志向される成長の定義次第ではないでしょうか。成長の方向性が、自分の幸福や価値観で重視するものと違う方向であれば、そんな「成長」は他人が望む成長で、自分のための成長ではないのです。

それでは以下に、ブランド、日系の方が幸せなタイプ、報酬に関して、各論の詳細を述べましょう。

外資系トップファームの有利な点とは?~優秀な人材の成長には長期的に潤沢な投資

一点目として、これらMBBが良い点としましては、やはりグローバルブランドとそこで培われる人脈です。
MBBにはトップティアの人材と、自分はトップファームで働くのだという自負と向上心の強い人が集まります。そして実際に、コンサル卒業後で活躍が目立つのもこれらファーム、中でもマッキンゼー強しです。

また外資は結果重視で長期的な人材投資をしないという大いなる誤解がはびこっていますが、正確には「向いていな人材には退職を勧奨するが、向いている人材は早期にプロモーションさせ、様々なチャレンジを与え、潤沢なトレーニングを施してくれるのも、これらMBBの特徴でしょう。

なお若くして、海外キャリアへの展開も豊富です。
もしも貴方が英語ペラペラでグローバルオフィスのボスから気に入られれば、入社早々にフランスや韓国や中国のプロジェクトに入れられるケースもありますし、高々一年後にロンドンオフィスに転勤になった人も私は知っています(帰国子女でしたが、マッキンゼーの事例)。

ファームによってはこのようなグローバルトレーニングの機会も潤沢にあり、外資コンサルがトレーニングに関し近視眼的であるというのは実感とは合わない気がします。
本人の実力と語学次第では、日本オフィスに入ったのちに、中国オフィストランスファーの事例もボストンコンサルティンググループでありました。

日系企業に行ったほうが確実に幸せな人も存在する~絶対クビにならない安全地帯?

二点目に考えるべきは、「日系」が何を指しているのかと、その最大のメリットが自分にとって重要かどうかです。つまりズバリ、「三菱商事はクビにしない」というメリットと、40を超えても2000万そこそこで安定飛行という状況が、自分の幸福関数にとって非常にありがたいタイプの人は、日系を選べばよいのです。

日系企業といえばこれもあまりに幅が広く何を意味しているか意味が分からないことが多いのですが、ここでは三菱や野村を想定して話を進めましょう。

これら伝統的日系企業によりフィットの高い人材が多いのも事実です。まずクビにならない。これは大きいです。優秀で自信もあった人が、外資で早期に解雇されて自信喪失し、キャリアの下り坂を転げていく姿を何人も見てきました。

よって帰宅中の人に路上痴漢してお縄になったり、上司にドロップキックでもしない限り、まず解雇されることがないというのは、安全・安心・安定志向の人が多い日本人にとって、重要な要素なのは間違いありません。

もちろん伝統的大企業が変化の波に乗り遅れて倒産し、中にいた役立たずのオジサンはスキルも陳腐化されていていくところがない、というリスクも存在します。

それでも日の丸日本のメイン企業で、バランスシートに数千億、数兆円の余裕がある企業は、なにもしないオジサンを今後も大量に抱え、2割のスター選手が全員を養ってくれることでしょう。(こんなフリーライド安定志向を、20代での就職志望動機にしないでほしいところではありますが)

初任給などの年某の差は、長期的に見れば知れている

最後に、給与の比較について論じます。結論はズバリ、若い最初の数年は外資に軍配があがりますが、その数百万x数年の差は長いキャリアで見れば大したことありません。

30前半では労働量を勘案すると、外資でシニアマネジャーに出世していなければ日系と同等になり、長期的に働けるかという意味では、「あまり活躍していない30代後半~40代」では日系に軍配が上がります。しかし一部スター選手ならば、MBBで数億稼ぐパートナーにあがるケースも少数存在、というのが実態です。

外資に比べて給与が低いと文句を言う人は、これは的外れなのです。金融商品と同じで、リスクアドジャステッドリターン(リスク調整済み収益)を考えれば、解雇されるダウンサイドリスクが低いのだから、給与的なアップサイドもその分低くて当たり前なのです。

安直に離職率で外資と日系を比べるのは無意味

なお、冒頭でも述べましたが、離職率で成長の可否や職場の良し悪しを図るのはよくありません。
たしかにどこかの産業のとある企業のように(名前を出すのは控えます)年間80%とかいう恐ろしいターンオーバー率だと問題ですが、コンサルティングや投資銀行といったプロフェッショナルファームで年間2割程度のターンオーバーがあるのはある種巡航速速度かと思います。

5%から10%が解雇され、同じくらいの比率の人がMBAに行ったり、競合他社に引き抜かれたり、金融や事業会社に転職したり、独立したり、という具合なのですから。

離職率を考える際は、よい離職率の高さ、よい離職率の低さと、わるい離職率の高さ、わるい離職率の低さがあることに気を付けて読み解くことが重要なのです。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69