コンサルや外資金融に限らず、トップ企業が雇いたい新卒学生3大ファクターとは?

コンサルや外資金融に限らず、トップ企業が雇いたい新卒学生3大ファクターとは?

この「企業が学生に求めるものは何か」「何をアピールすれば採用したいと思われるのか」という問いは、弊社がキャリア相談を受け付け始めた20年前から毎年、変わることなく、聞かれ続ける問題です。まず実は、そんなこと考えてる時点で、企業にとっては残念な就活生になってしまっています。また学生同士の能力の差はけっしてちっぽけではなく、非常に大きい上、学生時代に本当に凄かった人は、社会人になっても活躍する確率が高いのも、厳然たる事実なのです。以下では御質問にお答えして最大公約数的に求められる要素を解説します。

コンサルや外資金融に限らず、トップ企業が雇いたい新卒学生3大ファクターとは?

就活生会員(大学三年生)からの御相談

実際に投資銀行/戦略コンサルで働いた経験から、面接の時点で企業が新卒学生に求めるものとは何でしょうか?何をアピールすれば「採用したい」と思われるのでしょうか?
(社会人からしたら学生同士の能力の差なんてちっぽけ過ぎて、考えるにあたらないのではないかと思うので)

チームの雰囲気をよくできる人、やりたいことをわかっている人、ヤバ目のダウンサイドリスクがない人

一緒に働きたいかどうか、信頼感があるかどうかは、どのように決まるのか?

「一緒に働きたいと感じるか」にすべて繋がりますが、その要素は業界や会社、採用担当者によって様々です。

会社によっても人によっても変わるので絶対ルールなどありませんが、最大公約数的に共通項を私見として上げれば、やはり信頼できるかどうかです。その「信頼」も複数の要素があります。

第一に、チームの雰囲気を良くする人でないと困ります。グループディスカッションで賢いけど落とされるひと、面接でスマートなのだけど次に勧めない人は、総じて「その場の空気を悪くする」攻撃的な性質をもっているのです。

面接で賢いけど態度が横柄だったり、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける