Wide thumbnail 0708158c 94f9 4633 b2f2 98aacc252c85

戦略コンサル転職対策

このカテゴリの記事
91本
コンサル業界の実態についての記事一覧です。
コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサルは中途転職が新卒より有利か?
コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサルは中途転職が新卒より有利か?
外資系戦略コンサルは、新卒より中途転職が有利なのでしょうか?転職時はどのような前職・能力が評価されるのでしょうか?未経験・第二新卒が転職後に後悔しないために、何を知っておくべきでしょうか?若い新卒の方が、コンサルとのフィットが無かった時の転職が有利です。シニア採用であれば良質のケースを売り、社員を育てられる人が求められます。またそもそもコンサルは、環境適応能力と承認欲求、知的好奇心が必要です。そしてパートナーを目指すのであれば、そもそも学習速度の速さとチームワーク能力の高さが重要です。
コンサル転職面接対策大失敗!外資戦略コンサル中途面接で避けたい失敗20パターン
コンサル転職面接対策大失敗!外資戦略コンサル中途面接で避けたい失敗20パターン
コンサル転職・コンサル就活面接対策典型的失敗事例とは? 過去無数のコンサル転職志望者を面接してきた身として20パターンをまとめましたが、中でも"成長したいんです””的外れなケース面接対策””他社の悪口””理屈ばかりで人間味が無く面白くない”などが、よくある失敗パターンです。以下では、コンサル転職失敗者がよく口にする、”壮大な勘違いに基づく、謎の志望動機の数々”も紹介いたします。
35歳からのコンサル転職~年齢的にコンサル転職をお勧めしない3大理由とは??
35歳からのコンサル転職~年齢的にコンサル転職をお勧めしない3大理由とは??
様々な現場で経験をした後、より専門性を高めるためにコンサルへ転職する人は少なくない。しかし、35歳など30代半ばでのコンサル転職は可能なのだろうか?仮に可能だったとして、合理的な選択になりうるのだろうか?年齢的に既にファームのパートナーになっている人がいるのに自分はアソシエイトスタートで、勤務時間は長くなるが年収はたいして上がらず、おまけに学習能力は若手の同僚に比べて遅くなっているし、徹夜する体力も落ちている。伴侶や子供がいようものならなおさらである。以下3ポイントをご参考いただきたい。
BCG(ボストンコンサルティンググループ)退職理由でバレる業界の実態とは? 
BCG(ボストンコンサルティンググループ)退職理由でバレる業界の実態とは? 
BCGでのキャリア、いかがですか。常駐先に長らく入って、疲れていませんか?社内政治でどちらの派閥につくか、神経使いますよね?おまけに大量採用で、同僚の質も下がってきているような・・・最近、数年前に外資セミナーを通じてボストンコンサルティンググループに入った人で、現在某欧州オフィスで働いているコンサルタントからPEファンドへ転職された方が語る、BCG退職者の7大理由を共有したいと思います。BCGからの転職をお考えの際の参考にしていただければ幸いです。
コンサル転職対策総まとめ!未経験者・第二新卒のコンサル面接対策決定版!!
コンサル転職対策総まとめ!未経験者・第二新卒のコンサル面接対策決定版!!
以下ではコンサル転職で失敗しないための面接対策、コンサル志望動機、コンサルファームのランキングと選び方、コンサル年収、コンサル転職後の仕事内容、ポストコンサルキャリア戦略からおすすめエージェントまで一気にまとめています。ご参考ください。
戦略コンサル転職失敗3パターン~コンサル転職後、全く活躍しない人の特徴とは?
戦略コンサル転職失敗3パターン~コンサル転職後、全く活躍しない人の特徴とは?
コンサル転職後、まったくコンサルが合わずに活躍できず”アップオアアウトのアウト”を食らってしまう人の特徴を解説します。
三菱商事35歳、今更コンサル転職でマッキンゼーを目指すのが心配な3大理由とは?
三菱商事35歳、今更コンサル転職でマッキンゼーを目指すのが心配な3大理由とは?
35歳、総合商社からマッキンゼーへの転職に関するキャリア相談を頂きました。35歳でのコンサル転職は、当然新卒からコンサルをしてきた同僚兼ライバルがパートナーになっていてもおかしくない年齢だけに、この点に限れば不利です。しかし自分自身のキャリア成功の基準がやりたいことをやる、ないしコンサルでの経験を活かして違うことをする、などであれば、その限りではありません。しかしより注意したいのは、転職の契機が自発的に深く考えた結果ではなく、偶然に声をかけられてそのままよく考えずに転職しようとしてしまう点です。
10大面接回答ポイント解説!~マッキンゼー内定者の面接実例!
10大面接回答ポイント解説!~マッキンゼー内定者の面接実例!
マッキンゼー、BCG、ベインといった外資系コンサルティングファームへの志望動機で気をつけたいポイントを、失敗例を元に解説します。以下では面接で聞かれる典型的な10の質問に対し、マッキンゼー内定者が回答した内容をもとに解説します。
若手コンサルが成功するために必要な3大要素とは?~コンサル成長速度が肝心!
若手コンサルが成功するために必要な3大要素とは?~コンサル成長速度が肝心!
実務経験がないことからくるコンプレックスをコンサル志望者は抱きがちですが、実は新卒上がりのコンサルタントも、実務経験のなさを不安に思うもの。今では事業会社とコンサルタントの往来が活発になっていて「机上の空論度」も低下してきていますが、そもそもコンサルの成否を決めるのは、スキルや経験ではなく「学習速度・成長速度」の速さです。言い換えれば、優秀な人材を早く成長させられるファームこそ、真のトップコンサルファームだと言えるでしょう。
マッキンゼーからの転職者もピンキリ?成否を分ける、4大分水嶺とは!?
マッキンゼーからの転職者もピンキリ?成否を分ける、4大分水嶺とは!?
ストロングキャリアにはマッキンゼーからの登録者も数多くいらっしゃいます。実際に私自身、各国のマッキンゼー出身者と働いてきましたが、マッキンゼー出身者でも素早くパートナーに昇進した凄い人もいれば、まったく凄くないヒトも沢山います。つまりマッキンゼーに入って全く活躍せずにすぐに退職し、レジュメにマッキンゼーと乗っているだけの人も数多くいるのです。同じ「元マッキンゼーコンサルタント」でも、マッキンゼーで高く評価されていた人と、単に短期間在籍して一度も昇進しなかった人では、雲泥の差があるのです。
1
3
4
総合アクセスランキング