>
マッキンゼー

「マッキンゼー」記事一覧

MBB最強!マッキンゼー退職前に、在職中に意識すべき3大ポイントとは??
MBB最強!マッキンゼー退職前に、在職中に意識すべき3大ポイントとは??
マッキンゼーでは日々の日常業務だけでなく、退職後を想定して、日々の人脈作りに勤しもう。トップファームで得られる最大のリターンは、給与や経験より、「将来成功する蓋然性の高い人たちとの人脈」なのである。3大ポイントを述べれば、①転職時のレファレンス②社内での応援③独立時のパートナー探し が挙げられる。
コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?
コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?
コンサルティングファームに入社後、自身の希望のプロジェクトに入れるかは、オフィスとの忙しさと自分が周りから信頼されているかにかかっている。最初は自分が価値を出しやすい案件でパートナーから信頼を得ることが大切である。
投資銀行・コンサルは実は激務ではない?入ってビビった休み過ぎ3大ポイント
投資銀行・コンサルは実は激務ではない?入ってビビった休み過ぎ3大ポイント
激務というイメージがつきまとう投資銀行・コンサル業界。激務が不安で就職をためらう人も少なくない。しかしいざ入ってみると、IBDを除き実は日系企業よりもよっぽど休暇が多いことに驚かれるかもしれない。実は自由時間が多い3大理由について、解説する。
35歳からのコンサル転職~年齢的にコンサル転職をお勧めしない3大理由とは??
35歳からのコンサル転職~年齢的にコンサル転職をお勧めしない3大理由とは??
様々な現場で経験をした後、より専門性を高めるためにコンサルへ転職する人は少なくない。しかし、35歳など30代半ばでのコンサル転職は可能なのだろうか?仮に可能だったとして、合理的な選択になりうるのだろうか?年齢的に既にファームのパートナーになっている人がいるのに自分はアソシエイトスタートで、勤務時間は長くなるが年収はたいして上がらず、おまけに学習能力は若手の同僚に比べて遅くなっているし、徹夜する体力も落ちている。伴侶や子供がいようものならなおさらである。以下3ポイントをご参考いただきたい。
転職先コンサルファーム選び方4大ポイントとは?ランキングと仕事内容比較と違い
転職先コンサルファーム選び方4大ポイントとは?ランキングと仕事内容比較と違い
コンサルファーム間の違いはよく聞かれる質問です。20年前のコンサル黎明期はどこも同じような戦略ファームが多かったのですが、その後時間を経て、明確にカラーが変わってきました。今では「規模の拡大志向」「グローバル志向」「デジタル志向」「常駐志向」などで、ファームごとのカラーが鮮明に分かれてきています。ストロングキャリアはほぼすべてのファームに講師陣・会員がいます。その知見を集めた解説をご覧ください。
戦略コンサル面接対策&投資銀行面接対策:過去に出題されたケース面接事例
戦略コンサル面接対策&投資銀行面接対策:過去に出題されたケース面接事例
ボスコン、マッキンゼー、ATカーニー、アクセンチュア等のコンサルファームや、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、バークレイズ等の投資銀行における面接事例です。当セミナーでは、2002年から直近2018年まで各ファームで出題された面接の質問内容をテキストにまとめ、提供しております。
コンサル後の3大転職パターンと、多様なキャリアパスの実態~出戻り組も結構多い!
コンサル後の3大転職パターンと、多様なキャリアパスの実態~出戻り組も結構多い!
コンサル転職後のキャリアパスは典型的質問である。非常に多様であるが、その3大パターンと、更に多様な事業会社転職事例、そして意外と多い、事業会社転出後、数年して古巣に戻ったり、フリーランスとして古巣と働く、「出戻り組」キャリアの実態について紹介します。
コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサルは中途転職が新卒より有利か?
コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサルは中途転職が新卒より有利か?
外資系戦略コンサルは、転職か新卒どちらが有利でしょうか?回答は、「ケースバイケース」です。ただ、ファームに長らく務めてパートナーを目指すのであれば、そもそも学習速度の速さとチームワーク能力の高さが重要です。また若い新卒の方が、コンサルとのフィットが無かった時の転職が有利ですし、忠誠心の面でも新卒を優遇するコンサルファームも存在します。しかし中途転職組は、業界エキスパタイズと地に足着いた日本企業の動かし方を心得ています。以下ではどのような経歴でコンサル転職を果たす人が多いのかを解説致します。
コンサル業界の進化~口だけのコンサルはもういらない
コンサル業界の進化~口だけのコンサルはもういらない
かつては紙芝居と言われたコンサルが今では高級派遣業と言われている。口だけではなく、実行まで一貫して提供することが求められており、コンサル業界も再編の時期にある。
外資系戦略コンサル面接対策テキストの感想
外資系戦略コンサル面接対策テキストの感想
マッキンゼーやボスコン、ベインなどのコンサルに特化した外資系戦略コンサル面接対策テキストの感想を掲載いたします。
コンサル転職で目指すべきファームを考えるときに重要な、3大ポイントとは?
コンサル転職で目指すべきファームを考えるときに重要な、3大ポイントとは?
コンサルファームは数も規模も格段に大きくなり、戦略やカルチャーも多様な分化を遂げました。そんななか、コンサル転職志望者が「自分が目指すべきファーム」「自分に向いているファーム」を検討する際に考えるべき3大ポイントについて、解説いたします。
コンサル後のキャリアパス7大パターン~急増する”エリートフリーランス”
コンサル後のキャリアパス7大パターン~急増する”エリートフリーランス”
コンサルティングファームをに入れば、その後長らく働いた後、同期はどのような業界に転身していくのでしょうか。その益々多様化する実例を紹介します。コンサル後のキャリアパスの参考として頂ければ幸いです。
第二新卒のコンサル転職対策とは?強みの自己アピールの方法3大パターン
第二新卒のコンサル転職対策とは?強みの自己アピールの方法3大パターン
第二新卒を含め、コンサル転職時に面接で聞かれる、「コンサルとして活かせる前職で養った強み」は、どのような点に気を付ければいいのでしょうか?新卒時代と異なり、学生時代の限られたサークルやバイト経験を膨らませまくって回答するわけにも行きません。抽象的でなく具体的な職務経験からの教訓を、コンサルとして活かせる強みは何なのかを理解したうえで、的確に繋げて回答することが、第二新卒のコンサル転職ではより重要になります。第二新卒は新卒のポテンシャル+中途転職ならではの実務経験からの成長・教訓の双方が重要です。
コンサル転職に年齢制限はあるか?30代後半のコンサル転職は人脈勝負!
コンサル転職に年齢制限はあるか?30代後半のコンサル転職は人脈勝負!
コンサル転職に興味があるものの、既に30代中盤か30代後半で、コンサル転職の可能性も低いとしり込みしていらっしゃいませんか?実際に30半ば以降でのコンサル転職は、仮に転職できた後でも(既に同年代がパートナーになっているだけに)険しい道のりです。しかしながら人脈を駆使して転職に成功するケースもあります(中には落ちたファームに妻が先に入って、引き上げてもらったケースも存在)。コンサル転職に年齢制限があるか、という頻繁にいただく質問に、Strong Career講師が答えます。
ベインアンドカンパニー志望動機:面接回答事例及び戦略コンサルエントリーシート
ベインアンドカンパニー志望動機:面接回答事例及び戦略コンサルエントリーシート
ベインアンドカンパニーなど戦略コンサルティングファーム志望者の面接内容、志望動機、強み、弱み、戦略コンサルへのエントリー事例を紹介します。
外資金融・コンサル模擬面接事例~賢いのが明らかなときは、人柄アピールを重視!
外資金融・コンサル模擬面接事例~賢いのが明らかなときは、人柄アピールを重視!
投資銀行志望者の回答パターンを紹介します。よくある”若くして責任のある仕事””お金””起業準備””人脈づくり”は、志望動機としていかがなものなのでしょうか?
東大ボクサーのベイン模擬面接~10大面接回答分析
東大ボクサーのベイン模擬面接~10大面接回答分析
マッキンゼー、BCG、ベイン、アクセンチュアといった戦略コンサルティングファームが志望者に求めている資質、志望動機を上手くまとめている事例を紹介します。
薄っぺらい!残念コンサル志望動機3パターンとは?
薄っぺらい!残念コンサル志望動機3パターンとは?
コンサル志望動機では、多くの人が同じような内容を言ってしまうもの。なかでも意志の強さ、論理的思考能力、向上心、リーダーシップ云々は、具体例が本当にすごいか、平凡でも学んだ教訓が深くなければ、上滑りして失敗しがちです。なおこの回答者のように、特定の業種での詳しい知識もあまりアピールしてもしかたないことが多いです(実務でクライアントの知識を超えるレベルなわけはないので)。
ワンランク上のマッキンゼー面接・模擬面接10応答
ワンランク上のマッキンゼー面接・模擬面接10応答
マッキンゼーを代表する戦略コンサルティングファームへの志望動機、強み弱み、将来のビジョンを上手くまとめている例を紹介します。
マッキンゼー内定者10大面接回答事例~頭の良さ・主体性・忍耐を示せ!
マッキンゼー内定者10大面接回答事例~頭の良さ・主体性・忍耐を示せ!
マッキンゼー志望者の面接内容、志望動機、強み・弱み、外資系戦略コンサルティングファームへの面接回答事例を紹介し、講評します。
1
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム