プライベートエクイティファンドで使う実際のバリュエーション

プライベートエクイティファンドで使う実際のバリュエーション

プライベートエクイティの実務のバリュエーションで最も使うのは、意外と非常に単純で簡単なEV-EBITDAモデルが基本です。またIRRを計算するためにLBOモデルも必要です。

プライベートエクイティファンドで使う実際のバリュエーション

さて、コンサル、投資銀行を経てプライベートエクイティを目指そうという人は、気合を入れてバリュエーション技法を磨こうとしているかもしれない。やれDCF,やれLBO,...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング