プライベートエクイティファンドで使う実際のバリュエーション

プライベートエクイティファンドで使う実際のバリュエーション

プライベートエクイティの実務のバリュエーションで最も使うのは、意外と非常に単純で簡単なEV-EBITDAモデルが基本です。またIRRを計算するためにLBOモデルも必要です。

プライベートエクイティファンドで使う実際のバリュエーション

さて、コンサル、投資銀行を経てプライベートエクイティを目指そうという人は、気合を入れてバリュエーション技法を磨こうとしているかもしれない。やれDCF,やれLBO,やれオプションバリュー、やれモンテカルロシュミレーション、、、

MBA卒かマッキンゼーのバリュエーションテキストを買って熱心に読み込んでしまったあなたは、深夜の1時に机に向かいながら自問する。「DCFの時は、分母を適切な割引率に設定しなければならなかったよね?この会社のキャピタルストラクチャーに見合ったWACCは何か、キャピタルプライシングモデルに沿って計算しなければ、etc etc-」


しかし安心して頂きたい。プライベートエクイティの実務で使うのは何といってもEV-EBITDAがほとんどだ。それも、なんとなく8倍が目安であることが多く、12倍とか高い値段を正当化するために、”この会社はEBITDAが二桁で伸びるから、二年のEBITDAベースだと8倍くらい、、、”などと謎の楽天シナリオを描いて、とりあえず将来CFベースだけでも”...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコラムは全て、コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界のトップファーム経験者/現役プロフェッショナルにより執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム