プライベートエクイティファンドからの転職~PEから転職する10大パターンとは?

プライベートエクイティファンドからの転職~PEから転職する10大パターンとは?

プライベートエクイティ業界を目指す上で、PE業界からの転職先もきになるものです。中にはPE業界での競争に勝ち抜きパートナーとして左うちわで暮らす人もいますが、40代になってもディレクターでしかも上が詰まっていると、万年雇われディレクターで、お払い箱の憂き目にあうシナリオも見えてきます。また、PE業界に入ったはいいものの、期待値とのギャップに驚き、PE業界を去る人も。それではプライベートエクイティファンドから転職する人は、どのような理由で転職するのでしょうか?てんしxその10パターンを紹介します。

プライベートエクイティファンドからの転職PEから転職する大パターンとは?

コンサルや外銀からの転職先として今も人気のプライベートエクイティ業界。

しかしパートナークラスは長々と長居しても、アソシエイトやディレクターといった若手、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング