Wide thumbnail f6db1fe8 161f 4bc9 9baf ee8ff6d5e01a

プライベートエクイティ転職対策

このカテゴリの記事
81本
コンサルタント、バンカーなどの次のキャリアとして人気のプライベートエクイティファームでのキャリアの実態、面接対策などに関し、実際にプライベートエクイティファンドで勤務するStrong-Career講師陣が執筆していきます。国内外のPEトップファームで働く複数の弊社講師陣が、PE業界の実態やPE転職後の成功の秘訣、PE業界で活躍する人の特質や、PE業界で活躍できずに転落キャリアを歩む人の多様な実例を解説します。これらPE業界の実態を御覧ください。
LP投資家はプライベートエクイティファンドに投資する時、何を重視するのか?
LP投資家はプライベートエクイティファンドに投資する時、何を重視するのか?
プライベートエクイティファンドに転職する時は、LP投資家に長期的に選ばれるPEファンドに入ることが重要です。LP投資家からの支持無くして、ファンドの存続と成長はありえないからです。そんななか、LP投資家がPEファンドに何を求めているのかを知ることは、日々のPE業務に埋没せず高い視点を持つことのみならず、PEファームへの面接対策としても非常に重要です。以下ではPE転職対策テキストから一部を抜粋し、LP投資家の視点を面接対策に繋げます。
プライベートエクイティ転職面接で、なぜ他のファームでなく弊社?”と聞かれたら?
プライベートエクイティ転職面接で、なぜ他のファームでなく弊社?”と聞かれたら?
PE業界の面接でもつきものの、”なぜ他社ではなく、うちのファームを志望するのか?”という質問。そもそもPEの業務内容もよく知らないのに、各社の戦略の特徴やカルチャーの違い、自分とのフィットなんて、知らなくて当然です。しかしながら、たいていのPE転職志望者が的外れな回答をしてしまうからこそ、ここで「よくそんなことまで知っとるね。。。」という深い洞察を披露することが、大きな差別化に繋がります。以下ではPE各社の特徴を理解するための3大ポイントを解説致します。(写真はPE転職徹底対策テキストより抜粋)
プライベートエクイティファンド転職前の基礎知識20選!PE投資・年収・仕事内容
プライベートエクイティファンド転職前の基礎知識20選!PE投資・年収・仕事内容
これからプライベートエクイティ業界への転職活動を始める方向けに、転職前に絶対に知っておくべき20ポイントの基本事項を、実際のPE業務経験に紐づけてわかりやすく解説します。
PE転職後に成功する為に必要な、たった2つのスキルと案件創出3大ポイントとは?
PE転職後に成功する為に必要な、たった2つのスキルと案件創出3大ポイントとは?
プライベートエクイティファームに転職成功しただけで、成功と思ってはいけません。その後、数あるファンドおよび社内のプロフェッショナルとの間で、優良な案件獲得及びファンドレイズの戦いが待っているのです。中でもLP投資家がPEファームに高いフィーを払うのは、ひとえに優良案件をエクスクルーシブにソーシングしてくれると信じるから。それではプライベートエクイティファームからアプローチされる企業創業者の心理の3大ポイントについて、以下に解説します。
PEファンドへの転職面接前に知りたい、PEのLP投資家の3大視点とは?
PEファンドへの転職面接前に知りたい、PEのLP投資家の3大視点とは?
プライベートエクイティファンドへの転職面接を控える人は、面接では何を聞かれるか等の、近視眼的な視点で対策をしがちです。しかし目線が高く視野が広い候補者は、転職志望先の顧客であるLP投資家が、どのような視点で数あるPEファンドから数社を選び投資するのかを理解した上で、「なぜ自分がそのLP投資家の選択理由に合致するのか」を巧みにアピールします。以下ではPEファンド転職面接前に知りたい、”志望先PEファンドの顧客”、LP投資家の3大視点を解説致します。(写真はPE転職徹底対策テキストの一部)
PE投資失敗パターン:経営改善できないのに金があるだけで買収するのは犯罪行為?
PE投資失敗パターン:経営改善できないのに金があるだけで買収するのは犯罪行為?
プライベートエクイティ投資に失敗する原因は、そもそも資金があるだけで経営改善できない買い手に、資金を供給するLP投資家に責任の一端があります。そもそも日本のPE市場は優良案件の数より、それに投資したいファンドの数のほうが多いので、成長ポテンシャルのある会社が、バリューアップ能力のないファンドに変われると、社会の様々な資源が無駄になってしまうのです。つまるところ、他のファンドのほうがバリューアップできる案件には手を出さない事が、社会の全体最適を考えたPE投資家の「広義の規律」だとも言えるでしょう。
PEファンドからの、他のPEファンドへ転職する理由5大パターンとは?
PEファンドからの、他のPEファンドへ転職する理由5大パターンとは?
プライベートエクイティファンドから、他のプライベートエクイティファンドに転職する人は、どのような理由で転職するのでしょうか。Strong Career会員・講師陣の豊富な実例から、現役のPEプロフェッショナルが解説します。
プライベートエクイティファンドからの転職~PEから転職する10大パターンとは?
プライベートエクイティファンドからの転職~PEから転職する10大パターンとは?
プライベートエクイティ業界を目指す上で、PE業界からの転職先もきになるものです。中にはPE業界での競争に勝ち抜きパートナーとして左うちわで暮らす人もいますが、40代になってもディレクターでしかも上が詰まっていると、万年雇われディレクターで、お払い箱の憂き目にあうシナリオも見えてきます。また、PE業界に入ったはいいものの、期待値とのギャップに驚き、PE業界を去る人も。それではプライベートエクイティファンドから転職する人は、どのような理由で転職するのでしょうか?てんしxその10パターンを紹介します。
ベインキャピタルへの転職~日本で最も成功した外資系PEFベインキャピタル
ベインキャピタルへの転職~日本で最も成功した外資系PEFベインキャピタル
外資系PEファンドの中で、日本で最も成功したファームの一つである、ベインキャピタル。国内最大級の投資チームを誇り、投資実績(件数・規模・リターン)でも国内トップ3に入ります。リターンの安定的な高さからグローバルブルーチップLPの強力なバックアップを得ており、投資チーム及び投資先経営陣として、MBBや主要投資銀行出身者を日本市場でも数多く採用しています。ジャパン特化型ファンドを募集する実績とLPサポートは十分で、ローカルファンド設立の噂が過去10年位、出ては消えていっています。
カーライルへの転職:外資系トップファームだが実際は超絶ドメスティックファンド?
カーライルへの転職:外資系トップファームだが実際は超絶ドメスティックファンド?
カーライルジャパンは日本のプライベートエクイティ業界の草分け的ファンドの一つです。日本特化型ファンドとしては最大級の規模、人員数、投資実績を誇りますが反面、外資系な割に「超ドメスティックカルチャー」としても有名です。日本の金融機関や総合商社出身者の歴代パートナーの影響か、若手も三菱商事や投資銀行出身者が多く、男性中心のハードワークカルチャーでも知られています。他のPEファームと比べた時のカーライルジャパンの特徴に関し、以下に解説します。
1
2
4
6
7
総合アクセスランキング