ポストコンサルキャリア事業会社への転職~外資系メーカー転職の是非10ポイント

ポストコンサルキャリア事業会社への転職~外資系メーカー転職の是非10ポイント

著者紹介:山岸慎司。国内大手企業の後、外資系戦略コンサルティングファームで勤務。その後、複数の外資系企業で、事業部長、執行役員、社長を歴任。現在は経営コンサルタント、国家資格キャリアコンサルタント、ワークライフバランス認定コンサルタントとして活動する。東京大学農学系修士、ロンドン大学インペリアル校経営管理学修士(MBA)。

外資系メーカーの楽しさ:ワークライフバランスが圧倒的に良い!

    私は外資系コンサルファームの後、複数の外資系メーカーにマネジメントメンバーとして勤務しました。

このサイト読者には、現在のプロフェッショナルファームの次の仕事は、外資系メーカーを考えている人も多いと思います。

ここでは、多くの外資系メーカー日本法人に共通する「楽しさと厳しさ」をまとめてみます。

  世界最高レベル、最新技術の製品サービスを取り扱える

グローバルに事業展開する外資系メーカーは、差別化できる製品サービスを販売していることが多い。

例えば、最先端の医薬や医療機器、スマートフォンに代表されるような最先端ITツール、オシャレな高級ブランド服や時計などを、日本市場に普及させることは仕事のやりがいがあり、とても楽しい。 

  実力主義なので、自分次第で高いポジションに就ける

年功序列ではない実力主義なので、若くても実力があれば、責任の大きなポジションを任される。その結果、自分自身も大きく成長できる可能性がある。


特に外資系コンサル、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング