官公庁→MBA→コンサル転職!~コンサルファーム間の違いと、選ぶポイントは?

官公庁→MBA→コンサル転職!~コンサルファーム間の違いと、選ぶポイントは?

コンサルを強く志望して入社した人でも3年後には嫌気がさし、実行側に回りたくなることが少なくない。また。各コンサルファームが強いと言われる分野は広告宣伝にすぎないことが多い。やりたいことが明確であるなら、どのファームにそのケースをたっぷり売ってこれるシニアと知見があるのかを調べることが先決である。

官公庁(通産省)、某米国MBA Aさんより質問

ビジネススクールにおいて主に戦略系の勉強をしています。
コンサルタントの仕事は、ビジネススクールでの経験を生かす最適な場所であると考えています。

 一方で3年程度でやめる方もいらっしゃるのが現実であり、他のコンサルタントティングファームに移る方も多数いらっしゃいます。

自分としては、転職するのであれば、長期間同じファームにいたいと思い、ファーム選びに慎重になっています。ファームの特色ホームページで調べたり、大学にリクルーティングに来ていたコンサルタントの方と実際に会いましたが、決め手がありません。

 オファーが出た後に、その中からファームを選ぶというやり方もあると思いますが、選考に入る前にファームの実情をできるだけ把握したいと考えています。

 そこで、そのための「情報収集方法」、「ファーム選びの決め手」に関してアドバイスをお願いします。

講師からの回答

要するにあなたは、長期的にひとつのファームにいたい、そのために各社の違いを知りたい、コンサル選びのポイントは何か、ということだ。

最近、トップティアのMBAを出た人は、MBBなどコンサルファームからスポンサーを受けてきたのに卒業後は古巣に戻らずイケてるスタートアップや、ユニコーンに入社するのが流行になっているが、それはさておき貴方のご質問に答えよう。

ずばり、ファーム選びの決め手はそのビジネススクールの先輩なり友人で各ファームにいる内部の人に、ざっくばらんに聞くしかない。

面接中はみな、リクルーティングモードで来るので大抵、ダウンサイドの話は聞かせてもらえないからだ。

またコンサルファームも今は変化が激しいので、直近の状況を現役に聴くしかないだろう。ちなみにトップティアのビジネススクールだと同期の多くが主要コンサルフームから来ていて、かつ戻っていくので、インサイダー探しにはそう苦労はしないはずだ。

なおファーム選びの決め手は、自分がやりたいようなプロジェクトがあるのかどうかと、一緒に働く人が尊敬出来てフィットを感じるかどうか、これに尽きる。

長年一つのファームで勤めたい、ということに関して~いざやってみると、数年で辞めたくなることが多い

いざやってみるとあなたもきっと3年くらいで辞めたくなっているかもしれない。
これは成長思考と好奇心の強いあなたならなお更のことだ。

よく実行に回れない、提案が実行されないストレスとかいう人も多いが、正直何倍もの給料のオファーを、コンサルみたいなこともやりつつエクイティでぶち込めるバイアウトファンドに比べたら(おまけに取締役で決定に発言権をもてたりする。)、戦略実行の権限が無いことにフラストレーションを感じる人も多い。

そして200ページの分厚いレポートを、会社の人や競合、市場の声をまとめて“そんなもんワードでいいやん!!”みたいな内容まで必死にチャートにする苦行に、正直嫌気が指すものだ。

また新卒のコンサルが、“色んな産業、企業のトップマネジメント課題に携われて、勉強できる上に高いお金がもらえるなんて、しかも賢い人に囲まれて世界中で仕事できるし、、、できればずっとコンサルに!”などと夢を語って入ってくるのだが、3年後には方々に散らばっていたりする。

各社の違い/コンサル選びのポイントについて

これは非常に多くの外資系戦略コンサル志望者から寄せられる質問だ。結論を言えば、各ファームの各オフィスごとにカルチャーや主なプロジェクト、そして共に働く同僚が違うので、個別に自分がアプライしているオフィスの人と面接を離れた場でざっくばらんに聞くしかない。

アクセンチュアの日本オフィスの労働環境が数年で格段に向上したとはいえ、香港オフィスの人間はいまだに会社が大嫌いだと言っていたり、マッキンゼーのロンドンオフィスは意外と早く帰れるのに、東京オフィスはソウルオフィスとならんで相変わらずハードコアなどなど、オフィスによって本当にカルチャーが違うのだ。

よくマックは何でもできるが、特に金融に強い、自動車ならベルガーだ、製造業/技術ならADL、全社戦略ならボスコン、カーニーは最近オペレーション改革系が多くて戦略はできない、、、とか適当なことを言う人がいるが、そんなもの各社のHP訪れて各社セミナーに参加すれば分かる広告文句の羅列に過ぎない。

そもそもパートナークラスが各ファームで客を連れて移動するし、下手したらチームをつれて移動することもある。また今のようにデジタリゼーション・自動化対応案件が増えたり、流行のプロジェクトも変わってくるので、一概には言えないのだ。

総じて大手トップ3なら売り手も豊富なので、自分がやりたいケースを売ってこれるシニアと仲良くできるならそこに入るのがお勧めだろう。

また、LEKのように世の中のコンサルファームが高級人材派遣業化してるなか、あくまで戦略立案のところに拘り、実行には回らない、というファームも存在する。

またADLのように明確に製造業・技術へのフォーカスを打ち出しているところもある。しかしトリッキーなのは、ポジショニングのために打ち出しているだけで、蓋を開けてみるとやってるのは同じだった、みたいなファームもあるのである。

ないし、ベインのように大手プライベートエクイティ案件のデューディリジェンスや買収後のバリューアップ案件が比較的多いファームも存在する。

またアクセンチュアのように、戦略コンサルプロジェクトでクライアント企業にニーズを深く知り、そこにデジタリゼーションやデジタルマーケティングなど、様々な買収先を束ねて幅広いソリューションを提供して急成長しているファームもある。

なんにせよ、どのファームが貴方に最適なのかを知るには、戦略コンサルでもどの分野を貴方が学びたくて、どのファームにそのケースをたっぷり売ってこれるシニアと知見があるのかを調べることが先決だ、と伝えたい。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69