UBSでクービーです?解雇満載のUBS証券への就活・転職前に知るべき5点とは?

UBSでクービーです?解雇満載のUBS証券への就活・転職前に知るべき5点とは?

欧州系ナンバーワン投資銀行、UBS証券を、他の投資銀行と比較した時の特徴について解説します。

UBSでクービーです?解雇満載のUBS証券への就活・転職前に知るべき5点とは?

欧州系ナンバーワン投資銀行、グローバルでもトップの常連であるUBS証券。

スイス金融大手UBSがイギリスの名門SGウォーバーグと一緒になり、日本では年ころから業務を拡大してきました。

一方、リーマンショック後の組織縮小や、スイス本社のウェルスマネジメント回帰志向から、日本支社の動きも大きな影響を受けてきました。

UBS証券への転職、就職を考えるときの、他の投資銀行と比べたときの大ポイントを、以下に解説します。

.欧州系はまったりと穏やか、という思考停止状態の言説

まず、「欧州系は米系に比べて穏やか」「自由」「米系のようにミリタリーではない」「米系のようにガツガツしていない」などの、過去年間ずっと根強く噂されている間違った言説を無視しましょう。

双方働いて、そんな風に感じている人はほぼいません。いたとしても単にチームや上司と相性があったかどうかの違いで、一般化はできません。

そもそも中で働いている人は、米系だろうが日系だろうが行ったり来たりしている人たちです。

...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコラムは全て、コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界のトップファーム経験者/現役プロフェッショナルにより執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム