2nd Tier コンサルは”オールブラックス”?キャリアのハカ場で転職後悔?

2nd Tier コンサルは”オールブラックス”?キャリアのハカ場で転職後悔?

コロナショックで一服したとはいえ、コンサル市場が継続的な成長と急速な変化を続けています。しかしながら一時のコンサルとは似ても似つかぬ、SI下請け、現場常駐、質の低い社員、不公平な昇進など、”ブラック企業”ぶりに辟易としているコンサルタントも増えています。2019年に日本中を熱狂させたラグビーニュージーランド代表よりも”オールブラックス”という称号が似合いかねない、そのブラックな実態と、転職適性を論じます。

2nd Tier コンサルファームの職場環境は、ブラックどころか、オールブラックス?

別にドヤ顔で”上手いこと言うたった”と勝ち誇るわけではないが、当セミナーにキャリア相談に訪れるP社、D社、B社といったいわゆる総合系、ともすれば3rd Tierのコンサルファームは、ほぼ共通の課題と、ファーム特有の課題を抱えている。

以下では名前は有名だが、実質3rd Tier扱いされている大規模ファームの実態と、そこからオファーをもらった時、ないし転職志望するときの妥当性判断に、ご参考いただければ幸いだ。

早速、その典型的特徴を紹介しよう。


1.常駐型SI下請け案件が多い~上流の戦略ではなく、下流のエクセキューション

グループ内に戦略を担当するファームがあり棲みわけができていたり、SI出身でSIerの下請け案件からコンサルファーム化してきた経緯があったり。

また戦略案件は取れないから、量と期間で売り上げを上げる「常駐モデル」がビジネスの大半になったり、売り上げをつくりやすい大規模システム導入プロジェクトのセールスが多かったりと、コンサルとは言うものの大手企業の戦略系案件などほぼないことが多い。

代わりに、クライアント先で既に決められた戦略のエクセキューション要員として常駐する、「高級派遣社員化」していることが多い。これが嫌で上位ファームへの転職を志望する人が多いのである。

2.専門性が身につかない~なんでも安価でスコープ無視して売り上げ追求する三流ファームの実態

安価なケースでも、実は何のノウハウがないプロジェクトでも、スコープを区切らずひたすら請け負うので、まさに「上位ファームがやらない仕事を引き受ける何でも屋」みたいになっているファームも存在する。

また急な拡大局面で、ファーム自体が組織化がなされていないことも多く、マッキンゼーなど大手トップティアファームとことなり、専門性を磨ける組織構造になっていない。

(何がやりたいのかを知るために様々なプロジェクトを経験するのがコンサルの醍醐味だが、やりたくないのが確定しているつまらないケースに常駐で長らく送り込まれると、貴重な20代、30代前半を過ごすうえで長期的なキャリアダメージが大きい。)

3.上司・同僚の質が低い~組織の急拡大に伴う、採用ハードルの低下が招く質の低下→優秀な人から抜けていく

常駐案件の急増とRPA導入ブームでビジネス自体は急成長しており、コンサルタントの稼働率は9割を超えていることが多い。結果的に多くのコンサルティングファームが、採用ハードルを引き下げて大量採用を続けている。

実際のところ、新卒でもいわゆる”良い大学”であれば大した準備せず、ケース面接もボコボコでも、本人が驚くくらいあっさりと内定をもらえたりする。

結果的に古巣社員で採用が厳しかったころに入った人々と質の差が開いており、できる人が、嫌気がさして辞めていく事態につながっている。

4.中途半端に高めの給与~コンサル転職後の昇給は数百万、だけどそれでいいのか問題

これがトリッキーなのだが、給料は中途半端に瞬間風速高いのだが、長期的には損していることも多いという点である。

中途半端というのは、20代後半で800、30で1000万声、30半ばから後半で1500万。これがDやPといった”グループの中での比較的上位ファーム”であれば、2000近くになる人も少数いる。

しかし”瞬間風速”というのは、コンサルは走り続けるモデルなので長期間持続不可能なことと、40代、50代でコンサルをずっとやり続ける人などほぼいないので、長くは続けられないということだ。

そうなってくると、商社などに行って仕事は暇なのに安定的に2000万強長らく入ってくる方が、生涯賃金はよっぽど高いことも、覚えておきたい事実である。

5.研修など人材投資が低く、新卒優遇

また中途の大量採用と大量離脱が続く中、日本の伝統的風土もあり新卒が優遇される傾向にある。

マッキンゼーやベインなどトップティアファームの人々が”うちの会社は転職した自分にも、人材投資、研修、教育機会が半端ない”と会社にこの点感謝している人が多いのに対し、ここで取り扱っているファームに中途転職した人々は、基本的にOJTという名のほったらかしだと嘆息することも多い。

総じて中途は「人手不足の中、質を下げてでも入ってもらった、どうせすぐ出ていくんでしょ」呼ばわりされている人も、少なくないのである。

それでもコンサル転職したい人のために、後悔・失敗しないためのTips

これだけ「オールブラックス」の「ハカ場」ぶり(やったね!)を説明しても、それでもコンサルへの思いを断ち切れない方もいらっしゃることだろう。

MBBはもちろん、ATカーニーやベルガー、ADLにも落とされてしまった。それでもコンサルを経験したい―そんなときに、数多くの人にコンサル経験の機会を与えてくれるのだから、コンサルで得られるものと在籍する期間に納得している人は、数年経験してメリットが多い人もいることだろう。

それでは、本コラムで紹介したコンサルファームではない、と断っておいた上で、いわゆるTop Tier 戦略ファームでない多くの会社の中から、以下の3社を選ぶ相対的メリットを最後に書き記そう。

デロイト

デロイトはグローバルファームであり、日本での歴史も長い。また現場でのSI下請け常駐プロジェクトばかりではなく、より上流のコンサル案件もあるし、グローバル案件もある方だ。

近年ではトーマツベンチャーサポートなど、グループ会社で若手がリーダーシップを発揮し、大企業とスタートアップをつなぐファームとして存在感を発揮してきた。

またすぐに辞めてしまうが、優秀な人材が多いことでも定評のあるファームである。

PWC

グローバル展開なので海外案件が比較的豊富。巨大企業であり案件の幅も広く、トレーニング機会も多く、自分が志望するケースに手を上げる機会が多い(アサインされるかどうかは別問題だが)。

クライアントも幅広く、日本を代表する大企業が多い。またStrategy & の価格帯に合わない戦略案件はPWCが拾うことになるので、戦略プロジェクトも経験できる。

巨大組織なので社内政治の激しさと、それで優秀な上司が失脚することでも有名だが、そんな社内政治のダイナミズムも、政治的センスを磨きたい人にとってはよいOJTになるだろう。

ベイカレント

珍しくドメスティック内資企業であり、基本は常駐インプリメンテーション案件だが、上層部はマッキンゼーやベインからのコンサルタントをお金を積んで招聘しており、一部トップティアの人材と働く機会もある(ただ、MBBの中でトップティアなら多少お金積まれても転出しないので、その事情は押して図るべし。)。

セールス部隊とコンサル実行部隊が分かれているので、営業苦手で”現場でのエクセキューションに特化”がしたいのなら、グローバルヘッドクォーターへの上納金がなくローカル本社で動けることも含め、メリットがあるのである。


以上、トップティアとTier2ではない大規模コンサルファームに転職志望されるときの、失敗しないための実態把握と、それを踏まえた上での、「これら実態を理解して納得したうえで入るならタイプによってはお勧めしたい」”相対メリット”をまとめさせていただいた。

コンサル転職時に、少しでもご参考いただければ、幸いである。

*会員登録されますと、会員限定コラムへのアクセスや、志望業界で働くストロングキャリア運営チームへの無料キャリア相談、プライベートエクイティ、コンサル、外資系投資銀行の優良案件のご紹介、会員限定ウェビナーなど多彩な特典を受けることが可能です。

お知らせ・おすすめ記事

プライベートエクイティ面接対策100本
プライベートエクイティ転職後に重要な、割安案件の発掘に必要な3大要素とは?
プライベートエクイティ転職後に重要な、割安案件の発掘に必要な3大要素とは?
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!

プライベートエクイティ転職志望者が心得るべき深すぎる「事業法人」との付き合い方
プライベートエクイティ転職志望者が心得るべき深すぎる「事業法人」との付き合い方
プライベートエクイティ投資の仕事の本質~パートナー実務で最重要なLP対応の実態
プライベートエクイティ投資の仕事の本質~パートナー実務で最重要なLP対応の実態
PEファンド転職後のパフォーマンスレビュー基準説明~仕事がデキる人の特徴とは?
PEファンド転職後のパフォーマンスレビュー基準説明~仕事がデキる人の特徴とは?

プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!
プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!
プライベートエクイティへの転職対策総まとめ~コンサル・投資銀行からのPE転職
プライベートエクイティへの転職対策総まとめ~コンサル・投資銀行からのPE転職

もっと読む































閉じる
戦略コンサル転職対策100本
コンサルケース面接、ケース面接回答&講評57パターン徹底分析!
コンサルケース面接、ケース面接回答&講評57パターン徹底分析!
テキスト購入者様からの評価
テキスト購入者様からの評価
コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?
コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?

コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサルは中途転職が新卒より有利か?
コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサルは中途転職が新卒より有利か?
コンサル転職面接対策大失敗!外資戦略コンサル中途面接で避けたい失敗20パターン
コンサル転職面接対策大失敗!外資戦略コンサル中途面接で避けたい失敗20パターン
35歳からのコンサル転職~年齢的にコンサル転職をお勧めしない3大理由とは??
35歳からのコンサル転職~年齢的にコンサル転職をお勧めしない3大理由とは??

MBTIでみたプライベートエクイティ・コンサル投資銀行転職適職診断とは?
MBTIでみたプライベートエクイティ・コンサル投資銀行転職適職診断とは?
ローランドベルガーからマッキンゼー転職で分かったマッキンゼーの意外な魅力とは?
ローランドベルガーからマッキンゼー転職で分かったマッキンゼーの意外な魅力とは?
コンサルからスタートアップに転職して全く役に立たない人の、悲しき6大特徴とは?
コンサルからスタートアップに転職して全く役に立たない人の、悲しき6大特徴とは?

もっと読む






























閉じる
外資系投資銀行面接対策100本
投資銀行転職面接対策総まとめ~外資金融への転職・面接で重要なコラム50選!!
投資銀行転職面接対策総まとめ~外資金融への転職・面接で重要なコラム50選!!
投資銀行転職後の年収の全て~何故給料が高いのか?部門別年収ランキングとは?
投資銀行転職後の年収の全て~何故給料が高いのか?部門別年収ランキングとは?
金融業界で働く意義とは何なのか、3大働き甲斐パターンとは?
金融業界で働く意義とは何なのか、3大働き甲斐パターンとは?

企業価値とは?~金融機関への就職・転職を考える前に考えたい企業価値5大ポイント
企業価値とは?~金融機関への就職・転職を考える前に考えたい企業価値5大ポイント
激務の果てに欲しいもの~ピカイチに虚しい外資金融転職の3大雑務とは??
激務の果てに欲しいもの~ピカイチに虚しい外資金融転職の3大雑務とは??
不動産金融(REIT上場)からの転職相談~日系金融は年収が低いのに激務!
不動産金融(REIT上場)からの転職相談~日系金融は年収が低いのに激務!

外資金融面接で、どの株を勧めるか聞かれたら、コレを考えよう!
外資金融面接で、どの株を勧めるか聞かれたら、コレを考えよう!
リーマンショック時の大量解雇で実感!!投資銀行業界内レピュテーションの重要性
リーマンショック時の大量解雇で実感!!投資銀行業界内レピュテーションの重要性
外資金融、社内恋愛を避けるべき3大理由とは?~出世レールを外れる大リスク!?
外資金融、社内恋愛を避けるべき3大理由とは?~出世レールを外れる大リスク!?

もっと読む
















閉じる
新卒ハイレベル就活
外資系金融機関からMBA後にアマゾンに転職し起業してみた
外資系金融機関からMBA後にアマゾンに転職し起業してみた
LGBTにとって働きやすい会社とは?FacebookやGoogleを選んだ理由
LGBTにとって働きやすい会社とは?FacebookやGoogleを選んだ理由
女性にとってのボストンコンサルティンググループでのキャリアの意外な実態とは?
女性にとってのボストンコンサルティンググループでのキャリアの意外な実態とは?

エリック松永氏が語る、「死ぬまで後悔するキャリア」のススメ
エリック松永氏が語る、「死ぬまで後悔するキャリア」のススメ
Zキャリアフォーラム2021のお知らせ(8月24日開催 参加費無料!)
Zキャリアフォーラム2021のお知らせ(8月24日開催 参加費無料!)
Zキャリア紹介:Z世代女性がESG対応企業経営陣をインタビューし、SNS発信
Zキャリア紹介:Z世代女性がESG対応企業経営陣をインタビューし、SNS発信

経営共創基盤の塩野誠氏が生まれ変わったらアイドルのスカウトマンになる理由とは?
経営共創基盤の塩野誠氏が生まれ変わったらアイドルのスカウトマンになる理由とは?
アクサ生命への転職:アクサ生命安渕社長に聞くESG企業リーダーの在り方とは?
アクサ生命への転職:アクサ生命安渕社長に聞くESG企業リーダーの在り方とは?
チームメンバー紹介:野間円
チームメンバー紹介:野間円

もっと読む











































閉じる
プロフェッショナルスキル研修・財務モデル編
後輩バンカーに舐められたくない!!投資銀行転職後に重要な財務知識とは?
後輩バンカーに舐められたくない!!投資銀行転職後に重要な財務知識とは?
財務モデル・バリュエーション実務研修セット~DCF/LBO/COMPS
財務モデル・バリュエーション実務研修セット~DCF/LBO/COMPS
基本から教えて欲しい!!財務モデル・バリュエーション研修 Q&A(初級編)
基本から教えて欲しい!!財務モデル・バリュエーション研修 Q&A(初級編)

財務・バリュエーションモデル研修 QA(上級編)(DCFモデル・コンプス)
財務・バリュエーションモデル研修 QA(上級編)(DCFモデル・コンプス)
企業価値バリュエーションの計算方法4選とは~DCF, PER, PBR, DY
企業価値バリュエーションの計算方法4選とは~DCF, PER, PBR, DY
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!

企業価値評価・バリュエーション手法への5大質問~金融テキストに関して
企業価値評価・バリュエーション手法への5大質問~金融テキストに関して
COMPS(コンプス)で間違うバリュエーション(企業価値評価)5パターンとは?
COMPS(コンプス)で間違うバリュエーション(企業価値評価)5パターンとは?
外資金融実務研修:プライベートエクイティ企業買収時、なぜSPCを使うのか?
外資金融実務研修:プライベートエクイティ企業買収時、なぜSPCを使うのか?

もっと読む



閉じる
総合アクセスランキング
カテゴリランキング