2nd Tier コンサルは”オールブラックス”?キャリアのハカ場で転職後悔?

2nd Tier コンサルは”オールブラックス”?キャリアのハカ場で転職後悔?

コロナショックで一服したとはいえ、コンサル市場が継続的な成長と急速な変化を続けています。しかしながら一時のコンサルとは似ても似つかぬ、SI下請け、現場常駐、質の低い社員、不公平な昇進など、”ブラック企業”ぶりに辟易としているコンサルタントも増えています。2019年に日本中を熱狂させたラグビーニュージーランド代表よりも”オールブラックス”という称号が似合いかねない、そのブラックな実態と、転職適性を論じます。

2nd Tier コンサルファームの職場環境は、ブラックどころか、オールブラックス?

別にドヤ顔で”上手いこと言うたった”と勝ち誇るわけではないが、当セミナーにキャリア相談に訪れるP社、D社、B社といったいわゆる総合系、ともすれば3rd Tierのコンサルファームは、ほぼ共通の課題と、ファーム特有の課題を抱えている。

以下では名前は有名だが、実質3rd Tier扱いされている大規模ファームの実態と、そこからオファーをもらった時、ないし転職志望するときの妥当性判断に、ご参考いただければ幸いだ。

早速、その典型的特徴を紹介しよう。


.常駐型SI下請け案件が多い上流の戦略ではなく、下流のエクセキューション

グループ内に戦略を担当するファームがあり棲みわけができていたり、SI出身でSIerの下請け案件からコンサルファーム化してきた経緯があったり。

また戦略案件は取れないから、量と期間で売り上げを上げる「常駐モデル」がビジネスの大半になったり、売り上げをつくりやすい大規模システム導入プロジェクトのセールスが多かったりと、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける