外資金融、長居するつもりはない!!「転職時、潰しがきく部門はどこ?」

外資金融、長居するつもりはない!!「転職時、潰しがきく部門はどこ?」

投資銀行において、一番将来のツブシが効くのはIBDで、マーケットは将来の選択肢が狭まるか?東京大学の方の質問にお答えします。

東京大学工学系研究科Cさんより質問

私は今トレーダーの仕事に一番興味を持っていますが、まだ自分のキャリアのスタートとして選ぶことを決心できずにいます。

夏に外資系のIBDでインターンをしたときに、社員の方に「一番将来のツブシが効くのはIBDでマーケットは将来の選択肢が狭まるよ」と言われました。

確かに話を聞く限り、IBDでキャリアをスタートした人は、バイアウトファンド、ヘッジファンド、コンサル、MBA、国連など幅広い分野に進んでいます。

私は将来バイアウトファンドで働いてみたいという夢があるのですが、トレーダーとしてキャリアをスタートした場合その道は開いているのでしょうか?

外資系投資銀行に勤める人達は、仕事を将来へのステップアップのための踏み台と考えている人が多いように感じるのですが、トレーダーの人達のキャリアパスというものはどういったものがあるのか知りたいです。

講師からの回答:ツブシが利かないどころか、”トレード大好き人間”およびプログラムとの競争が激化する超レッドオーシャン

外資系投資銀行の投資銀行部門は、辛いが”ツブシの利くスキル”のオンパレード

トレーダーは、実際あまりつぶしの聞かない職業です。しかもアルゴリズムトレーディングに代替され、多くの人が仕事を失ったポジションでもあります。今後、AIプログラムへの代替がさらに進む分野でしょう。(実際私の友人で、ゴールドマンのニューヨークで働いたインド人トレーダーは今、AIトレーディングプログラムを開発し、古巣と他の投資銀行に売っています。)

ただし、年齢や経験に関係なく稼ぐ人は稼ぐので、若くして10億稼いで、とっとと引退して、それを元手に投資か商売をやるのならそれはそれで正しい選択肢となるでしょう。

ちなみにトレーダーで成功する人は総じて、この仕事が面白くて面白くてたまらない、と、ハマっているひとが多く、生半可な気持ちではつとまらない仕事です。(好きな人は本当に、寝ても覚めても四六時中、トレーディングのことばかり考えているため。)

”ツブシがきくのかどうか、、、”などと生半可な決意ではなく、”トレーディングしているのが何より幸せ、合コンもキャバクラも、トレーディングの敵でしかない!”と本気で思い、飲みに行ってもひたすらスマホでブルームバーグをチェックして欧州市場が開くのをいまかいまかと待っている人でなければ、トレーダーを目指すのはやめておいた方がいいでしょう。

それくらい、”これ好きで仕方がない!AIに代替される前に、稼ぐだけ稼いであとはPA(Personal Account)で頑張る!”という人が多いのです。

投資銀行の仕事は、地味でハードな下作業を効率的にこなす必要があるだけに、いろんな仕事で重宝される(少なくとも下っ端の間は)

さて、貴方がおっしゃるよう、バイアウトに行くならコンサルかIBD(もしくは株式調査部)が有用です。将来なさりたいバイアウトで必要とされるスキルの中、トレーダーのスキルとIBDのスキルどちらが整合性が高いか考えれば答えは明白です。

実際私の知るプライベートエクイティプロフェッショナルのバックグラウンドはIBD出身が圧倒的に多く、トレーダー出身は本当に見たことがありません。

もちろん、債券トレーダーから不良債権のスペシャルシチュエーショングループにうつって、のちにマルチ・アセットストラテジーに転換していつのまにやらプライベートエクイティの大手ファンドを作った某社の事例もありますが、きわめて稀な事例でしょう。

IBDは働いているときは作業内容も面白くないものが多く(特に下っ端時代)、労働時間も過酷です。ところが数年経験した後で外部に出ると、結構つぶしのきく、汎用性の高いスキルがついているものなのです。

会計知識もバリュエーション知識も、シッティなパワーポイント資料作成スキルはいろんな仕事で生きてきます。(これらの各職業に汎用可能なスキルは、トレーダーでは全く得ることは出来ない。)

なかでも企業価値評価、特にスプレッドシートを真面目につくってモデルを作成する投資銀行部、株式調査部が、将来の事業投資や実物経済での活動に役立つ、ファンダメンタルな金融の基礎が身に付きます。

面接先の志望動機と将来ビジョンを語る際は、くれぐれも「業務内容の理解」に要注意

なぜこの質問を取り上げたかといえば、志望者の方々の多くが、仕事の業務内容も知らないのに志望動機を述べるというそら恐ろしいことをやってのけるからです。「10年後のビジョンは」などと聞かれたときも、今志望している部門の仕事と全く関係ないことを言ってしまう人も、恐ろしく多いのです。

力強く、目を輝かせながら業務内容とまったく関係ない夢を語られても、“あんたいい奴だけど、この仕事じゃないね。。。。”とキョトンとされるのがオチなのです。

非常に優秀で志も高く、実際に入社されたら大活躍されたであろう未来のエース級人材が、単に業務内容をしっかり知らずに的外れな志望動機を語るがために、面接で涙を見るケースは非常に多いのです。志望動機と業務内容のマッチングには、くれぐれもお気を付けください。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー


\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69