投資銀行の志望部門をどう選ぶ?潰しが効かないトレーダーの将来性とは?

投資銀行の志望部門をどう選ぶ?潰しが効かないトレーダーの将来性とは?

”ツブシが効く”仕事とは、他のポジションや企業、業種を超えて、共通して重宝されるスキルが身につく仕事のことです。 投資銀行において、一番将来のツブシが効くのはIBDでしょう(なにせ膨大な雑用があるうえ、データになっていないインサイダー情報や戦略的判断などは、AIに代替されないのですから)。 志望動機の段階で、”まったく業務内容と適性の違う業界”を両方述べてしまう方は数多くいらっしゃいます。トレーダーとバイアウトファンドの仕事を志向される、東京大学の方の質問にお答えします

投資銀行の志望部門をどう選ぶ?潰しが効かないトレーダーの将来性とは?

東京大学工学系研究科Cさんより質問

私は今トレーダーの仕事に一番興味を持っていますが、まだ自分のキャリアのスタートとして選ぶことを決心できずにいます。

夏に外資系のIBDでインターンをしたときに、社員の方に「一番将来のツブシが効くのはIBDでマーケットは将来の選択肢が狭まるよ」と言われました。

確かに話を聞く限り、IBDでキャリアをスタートした人は、バイアウトファンド、ヘッジファンド、コンサル、MBA、国連など幅広い分野に進んでいます。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける