コンサル地頭と外銀地頭の違いとは?~地頭の良さ3パターンと、重要な2つの要素

コンサル地頭と外銀地頭の違いとは?~地頭の良さ3パターンと、重要な2つの要素

地頭とは、定義が一定ではないだけに、自分の目線の高さがもろに出てしまいます。また業界によっても、最も活躍できる人の「頭の特性」は異なります。単なる論理的思考能力や記憶力など、受験勉強で測れるものは、地頭の一部にすぎません。学歴や職歴で測れない、企業にとって最も重要な「地頭の特性」とはどのようなものでしょうか?それらは、どのように自己鍛錬できるのでしょうか?以下にそのポイントを、解説します。

質問

「地頭が良い人」とは具体的にどのような能力を持った人なのでしょうか?
また、その能力を身に付けるためには具体的に何をすればいいのでしょうか?

講師による回答

本質的なパターン思考でトレーニング

地頭の定義次第だが、ビジネスで言うところの地頭は「判断力」である。

「判断力」とは複合的な概念だが、その重要な構成要素として一般的に思い浮かべがちなのは、本質的なモデル思考能力、論理的思考能力、構造化する能力と、判断の優先順位で信頼を最優先して考えられるかどうかだろう。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコラムは全て、コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界のトップファーム経験者/現役プロフェッショナルにより執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム