「プライベートエクイティ→上場企業社長」というキャリアアップの幻想

「プライベートエクイティ→上場企業社長」というキャリアアップの幻想

プライベートエクイティファンドからの転職先として、企業経営者に転身する人も数多くいます。しかしながら、上場企業の時期経営者などの美味しそうなポジションを打診されて転職し、幸せな転身を遂げた例を見たことがありません。あなたがプライベートエクイティファンドの社員であるとして、某社の次期社長候補としてのポジションを打診されたときに検討すべき事項を、解説いたします。

プライベートエクイティから上場企業の社長に転職する成功例は、ほぼ皆無という実態

プライドの高いPE出身者ほど、創業しないでいきなり大企業社長を目指したりする。「PEとしてのバイアウトに依存しない事業承継」みたいな感覚で、こういった機会に憧れるPE出身者は少なくない。

 

優秀で野心あるPEプロフェッショナルたちには、PEの「限界」を素朴に感じる瞬間もやってくる。

 

外資系証券会社やコンサル時代、毎日朝も夜もなく働いていたとき、疲弊のあげく「あれ、自分ってなにやってるんだっけ?」とふと思う瞬間がある。おなじくPEで下働きをしていても、「自分たちが事業現場のなにをわかっているからって、おこがましく投資先社長に提案してるんだっけ?」と、素朴に焦る瞬間がやってくる。

 

なお、ここでいう「PEで下働き」には、まだたいしてキャリーももらえてない、なりたてほやほやのジュニア・パートナーも含む。

 

そんななか、前職の上司で事業会社を興し成功したひと、あるいはファンドとして案件ソーシングをするなか、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける