投資銀行ランキング~Tier1(トップティア)VSTier2(セカンドティア)

投資銀行ランキング~Tier1(トップティア)VSTier2(セカンドティア)

投資銀行のランキングとは、何でしょうか?そして、何故どこの投資銀行も自社がナンバーワンだと言い張れるのでしょうか?投資銀行ランキング(リーグテーブル)のからくりと、Tier1, Tier2の投資銀行について解説します。

投資銀行ランキングTier1(トップティア)VSTier2(セカンドティア)

投資銀行ランキングとは、様々なものがあります。各投資銀行がピッチブックに掲載するのが、リーグテーブル。

要するに、いまクライアントに提案しているような案件(株式増資なり、転換社債発行なり、グローバルオファリングなり、M&Aなり)で、如何に自社が、他の投資銀行に比べて優れた実績を有するかをアピールするためのものです。

投資銀行ランキングは、何故各投資銀行が一位なのか?

不思議なのがこの”投資銀行ランキング”、各社が作ったピッチブックで、何故だか各社が燦然と一位に輝くのです。そのからくりは、データを一生懸命切り刻んで、やっとこさ自社が一位になるような基準でリーグテーブルを作るから。

やれ案件規模が億以下、やれヨーロッパ市場での実績、やれ年月から年月まで、などなど、それはそれは空しい”なんでその基準で選んだの?”という基準でデータを一生懸命ソートし、なんとかランキングが一位になるように、各社しのぎを削ります。

投資銀行転職志望者にとって、意味のある投資銀行ランキングとは?

...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコラムは全て、コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界のトップファーム経験者/現役プロフェッショナルにより執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム