Wide thumbnail f6db1fe8 161f 4bc9 9baf ee8ff6d5e01a

プライベートエクイティ転職対策

このカテゴリの記事
74本
コンサルタント、バンカーなどの次のキャリアとして人気のプライベートエクイティファームでのキャリアの実態、面接対策などに関し、実際にプライベートエクイティファンドで勤務するStrong-Career講師陣が執筆していきます。国内外のPEトップファームで働く複数の弊社講師陣が、PE業界の実態やPE転職後の成功の秘訣、PE業界で活躍する人の特質や、PE業界で活躍できずに転落キャリアを歩む人の多様な実例を解説します。これらPE業界の実態を御覧ください。
プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!
プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!
プライベートエクイティ業界にはどんなファンドがあり、どう選べばいいのでしょうか?独立系・キャプティブ系、外資系ファンド、リージョナルファンド等多様なプレーヤーが参画していますが、転職先を選ぶときは、チーム・投資戦略・LP属性・そしてパートナーとのフィットの見極めが重要です。以下では日本で投資活動を行う有力プライベートエクイティファンド運用企業一覧と、PE業界転職先の選び方4ポイントを紹介いたします。(全て現役のPEトップファーム勤務者が執筆!)
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
マッキンゼー, BCG, ベインのMBBから、PE転職志望の方が数多く、Strong Careerに登録し、キャリアコーチングを受講されています。PE転職を果たした彼らが、PE転職面接で語っている典型的な「コンサル→PE転職志望動機」を以下に解説します。(写真はプライベートエクイティ転職徹底対策テキストより抜粋)
プライベートエクイティ転職できる人の3大成功パターンとは??
プライベートエクイティ転職できる人の3大成功パターンとは??
コンサル・外銀後転職先として人気のプライベートエクイティへの転職の基本をまとめてあります。基本的に、①資金調達できるか、②ディールソーシングできるか、③投資先のバリューアップできるかのいずれかの貢献が求められます。
プライベートエクイティ転職の本質:面倒な仕事を全てアウトソース」する仕事へ
プライベートエクイティ転職の本質:面倒な仕事を全てアウトソース」する仕事へ
プライドがエベレスト級に高い社会不適合者が多かった米国大手法律事務所勤務。面倒くさすぎる仕事の数々が4年続いた後、私はとある決心をした。「面倒くさい仕事は全部アウトソースできる、プライベートエクイティファンドに転職しよう」実際に私の親族もPE業界で働いており、どう見ても暇そうに見えるが稼いでいた。なによりあの「面倒くさがり」の兄でも務まるのだから、よっぽど「面倒な仕事」は全部アウトソースできるに違いない。以下ではPE業界未経験者だった私が、著名PEファームに転職して学んだ教訓を解説していきます。
プライベートエクイティ面接で、絶対に知っておきたいカーブアウト案件の実態とは?
プライベートエクイティ面接で、絶対に知っておきたいカーブアウト案件の実態とは?
プライベートエクイティファームへ転職後、その後の投資プロフェッショナルとしての成否はなんといっても、魅力的なディールソーシング能力につきます。日本のプライベートエクイティディールの主要アングルの一つ、大企業のカーブアウト案件の特徴と実態、またPEプロフェッショナルとして心得ておくべき注意点に関し、某大手著名PEファームで活躍するストロングキャリア講師陣の方に、解説していただきます。
コンサルからプライベートエクイティに転職し、再びコンサルに転職する人3大理由!
コンサルからプライベートエクイティに転職し、再びコンサルに転職する人3大理由!
BCG、マッキンゼー、ベイン、ATカーニーなどからプライベートエクイティへの転職を目指す人は数多くいますが、中にはPE業界で数年働いたのち、再びコンサルに戻る人がいるのをご存じでしょうか?助言だけでなく意思決定者として、経営支援だけでなくオーナーとして、経営戦略やオペレーションだけでなく、財務・会計・税務・バリューションなどオールラウンドビジネスパーソンを目指してPE業界に転職したのに、「卒業したはず」のコンサルに再び転職するPEプロフェッショナルの理由と特徴を、以下に論じます。
プライベートエクイティ業務実態~事業承継案件の成否を決める3大条件とは?
プライベートエクイティ業務実態~事業承継案件の成否を決める3大条件とは?
日本のミッドキャップバイアウトファンドはそのディールアングルとしてどこもが、中小オーナー企業の事業承継案件について口にします。しかし口では簡単に言っても、その実現までには気の遠くなる人間関係構築プロセスが待っているもの。オーナーの思想やケミストリーフィット、そしてコントロールできないタイミングまで、様々な要素が絡み合います。そんな事業承継ディールの実態に関し、弊社参画のPEプロフェッショナルが開設します。
KKRへの転職~プライベートエクイティ業界の言い出しっぺ?の5大特徴とは?
KKRへの転職~プライベートエクイティ業界の言い出しっぺ?の5大特徴とは?
KKRは1970年代にプライベートエクイティというビジネスモデルを始めた最初のPEファームです。以降、世界各地でファンドサイズ、リターン、集める人材の質、KKRキャップストーンの創設(専属バリューアップチームもKKRが最初でした)など、様々な点でPE業界でリーダーシップを発揮してきました。そして転職市場ではマッキンゼーやゴールドマンサックス社員のトップクラスの人材にとっても非常に狭き門ですが、その報酬水準もPE業界最高水準で、KKRからの転職先も華やかです。そんなKKRの特徴について解説します。
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!
PEファーム間の違いを理解するために、有意義な視点で志望先と議論したいものです。では面接のときに、そのファンドへの理解を深めるために、どのようなことを聞くと意味ある議論になるのでしょう?逆に、どのような「皆が聞いてしまう典型的なつまらない3大質問」があるのでしょう?せっかくPEファンドにフィットがあっても、あまりにもしょうもないことを聞いてしまって印象を悪くするのはもったいないことです。数多くのPE志望者を採用側で面接した視点で、解説します。(写真はプライベートエクイティ転職徹底対策テキスト)
プライベートエクイティへの転職対策総まとめ~コンサル・投資銀行からのPE転職
プライベートエクイティへの転職対策総まとめ~コンサル・投資銀行からのPE転職
プライベートエクイティに転職する前に、PE転職後のメリット・デメリット、またPE業務に向いている人、いないひと、クビになる人の特徴を知りたい方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。以下ではPE業界勤務経験の長いストロングキャリア講師陣が、未経験者がPE業界に転職する上で読んでおきたいコラムの一覧をまとめて解説しています。
1
3
4
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける