Wide thumbnail f6db1fe8 161f 4bc9 9baf ee8ff6d5e01a

プライベートエクイティ転職対策

このカテゴリの記事
81本
コンサルタント、バンカーなどの次のキャリアとして人気のプライベートエクイティファームでのキャリアの実態、面接対策などに関し、実際にプライベートエクイティファンドで勤務するStrong-Career講師陣が執筆していきます。国内外のPEトップファームで働く複数の弊社講師陣が、PE業界の実態やPE転職後の成功の秘訣、PE業界で活躍する人の特質や、PE業界で活躍できずに転落キャリアを歩む人の多様な実例を解説します。これらPE業界の実態を御覧ください。
プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!
プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!
プライベートエクイティ業界にはどんなファンドがあり、どう選べばいいのでしょうか?独立系・キャプティブ系、外資系ファンド、リージョナルファンド等多様なプレーヤーが参画していますが、転職先を選ぶときは、チーム・投資戦略・LP属性・そしてパートナーとのフィットの見極めが重要です。以下では日本で投資活動を行う有力プライベートエクイティファンド運用企業一覧と、PE業界転職先の選び方4ポイントを紹介いたします。(全て現役のPEトップファーム勤務者が執筆!)
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
マッキンゼー, BCG, ベインのMBBから、PE転職志望の方が数多く、Strong Careerに登録し、キャリアコーチングを受講されています。PE転職を果たした彼らが、PE転職面接で語っている典型的な「コンサル→PE転職志望動機」を以下に解説します。(写真はプライベートエクイティ転職徹底対策テキストより抜粋)
プライベートエクイティからの転職~そのキャリアパスとは?
プライベートエクイティからの転職~そのキャリアパスとは?
プライベートエクイティ業界に転職した後のキャリアパスはどうなっているのでしょうか?PE転職後、そのままディレクター、パートナーと順調に昇進できるのは1割未満です。大半はどこかのタイミングでPE業界の外に出るわけですが、この選択を間違えると、たちまち悲惨な転落キャリアに。以下ではPE業界で長年勤務するストロングキャリア講師陣が、豊富な実例をもとに、プライベートエクイティからの転職先、キャリアパスをまとめて解説致します。
アドバンテッジパートナーズに転職して分かる、5大アドバンテッジとは?
アドバンテッジパートナーズに転職して分かる、5大アドバンテッジとは?
1997年にユニゾンキャピタル、MKSとともに国内独立系御三家として日本のPE業界の幕開けを担ったアドバンテッジパートナーズ。30億未満の小さなファンドで始めた一号ファンドは2000年代の4号ファンドで実に2000億を超える水準に。その後紆余曲折を経て国内ファンドサイズは縮小したものの、東南アジア進出やPIPESファンドなど、多様な戦略拡大に成功しています。創業パートナーから喜多氏へのサクセッションも完了し、4号後のインテリムファンドの大成功で直近6号ファンドも850億調達に成功しました。
プライベートエクイティへの転職対策総まとめ~コンサル・投資銀行からのPE転職
プライベートエクイティへの転職対策総まとめ~コンサル・投資銀行からのPE転職
プライベートエクイティに転職する前に、PE転職後のメリット・デメリット、またPE業務に向いている人、いないひと、クビになる人の特徴を知りたい方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。以下ではPE業界勤務経験の長いストロングキャリア講師陣が、未経験者がPE業界に転職する上で読んでおきたいコラムの一覧をまとめて解説しています。
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!
PEファーム間の違いを理解するために、有意義な視点で志望先と議論したいものです。では面接のときに、そのファンドへの理解を深めるために、どのようなことを聞くと意味ある議論になるのでしょう?逆に、どのような「皆が聞いてしまう典型的なつまらない3大質問」があるのでしょう?せっかくPEファンドにフィットがあっても、あまりにもしょうもないことを聞いてしまって印象を悪くするのはもったいないことです。数多くのPE志望者を採用側で面接した視点で、解説します。(写真はプライベートエクイティ転職徹底対策テキスト)
PEファンド転職後のパフォーマンスレビュー基準説明~仕事がデキる人の特徴とは?
PEファンド転職後のパフォーマンスレビュー基準説明~仕事がデキる人の特徴とは?
プライベートエクイティ転職後に、社内で”評価”される人は、どのような人なのでしょうか?逆に内心馬鹿にされている人は、何をしているのでしょうか?プライベートエクイティ転職後に活躍し、パフォーマンスレビューで高い評価を受けるには、そもそも「どのようなポイント、評価軸」で評価されるのか、その物差しを知っておく必要があります。以下では明示的なモノサシと、暗黙のモノサシの双方を一部抜粋して紹介いたします。(写真はプライベートエクイティ転職徹底対策テキストより抜粋)
KKRへの転職~プライベートエクイティ業界の言い出しっぺ?の5大特徴とは?
KKRへの転職~プライベートエクイティ業界の言い出しっぺ?の5大特徴とは?
KKRは1970年代にプライベートエクイティというビジネスモデルを始めた最初のPEファームです。以降、世界各地でファンドサイズ、リターン、集める人材の質、KKRキャップストーンの創設(専属バリューアップチームもKKRが最初でした)など、様々な点でPE業界でリーダーシップを発揮してきました。そして転職市場ではマッキンゼーやゴールドマンサックス社員のトップクラスの人材にとっても非常に狭き門ですが、その報酬水準もPE業界最高水準で、KKRからの転職先も華やかです。そんなKKRの特徴について解説します。
プライベートエクイティファンド転職:未経験者でもPE転職は可能か?
プライベートエクイティファンド転職:未経験者でもPE転職は可能か?
プライベートエクイティファンドに未経験者は転職できるのでしょうか?ズバリ、可能です。御存じのように戦略コンサルや投資銀行IBD出身者、弁護士が多いですが、ファンドアドミは会計士も多く、またファンドレイズは年金営業やLP出身者が活躍されています。またダイバーシティ採用と称して、単に女性社員を増やしたいだけのことも。どこのPEファームも総じて、腰が低い謙虚な人を求めています。なお入社前の役職・プロファイルによって、入社後のポジションはほぼ決まっています。
ファンドオブプライベートエクイティファンズへの転職~ダウンサイドリスクとは?
ファンドオブプライベートエクイティファンズへの転職~ダウンサイドリスクとは?
プライベートエクイティファンドに投資するファンドである、ファンドオブプライベートエクイティファンズ。ちょっとややこしいのですが、要するに年金や国富ファンド、ファミリーオフィスなどからお金を集めて、カーライルやユニゾン、J-StarなどのプライベートエクイティファンドのGPに投資します。この仕事が向いている人は、オタクのようになって、”生けるプライベートエクイティ・ディクショナリー化”しますが、向いていない人はかなり退屈な日々を送ることになります。その特徴を解説致します。
1
3
4
総合アクセスランキング