Wide thumbnail f6db1fe8 161f 4bc9 9baf ee8ff6d5e01a

プライベートエクイティ転職対策

このカテゴリの記事
77本
コンサルタント、バンカーなどの次のキャリアとして人気のプライベートエクイティファームでのキャリアの実態、面接対策などに関し、実際にプライベートエクイティファンドで勤務するStrong-Career講師陣が執筆していきます。国内外のPEトップファームで働く複数の弊社講師陣が、PE業界の実態やPE転職後の成功の秘訣、PE業界で活躍する人の特質や、PE業界で活躍できずに転落キャリアを歩む人の多様な実例を解説します。これらPE業界の実態を御覧ください。
2021年プライベートエクイティ転職機会が、控えめに言っても急増中の理由とは?
2021年プライベートエクイティ転職機会が、控えめに言っても急増中の理由とは?
コロナショックで様々な業界が逆風にさらされる中、プライベートエクイティ業界はエグジットとファンドレイズが順調に進み、ファンドレイズに成功したPEファームは積極的に採用しています。以下ではその背景を解説します。
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!
PEファーム間の違いを理解するために、有意義な視点で志望先と議論したいものです。では面接のときに、そのファンドへの理解を深めるために、どのようなことを聞くと意味ある議論になるのでしょう?逆に、どのような「皆が聞いてしまう典型的なつまらない3大質問」があるのでしょう?せっかくPEファンドにフィットがあっても、あまりにもしょうもないことを聞いてしまって印象を悪くするのはもったいないことです。数多くのPE志望者を採用側で面接した視点で、解説します。(写真はプライベートエクイティ転職徹底対策テキスト)
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
マッキンゼー, BCG, ベインのMBBから、PE転職志望の方が数多く、Strong Careerに登録し、キャリアコーチングを受講されています。PE転職を果たした彼らが、PE転職面接で語っている典型的な「コンサル→PE転職志望動機」を以下に解説します。(写真はプライベートエクイティ転職徹底対策テキストより抜粋)
プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!
プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!
プライベートエクイティ業界にはどんなファンドがあり、どう選べばいいのでしょうか?独立系・キャプティブ系、外資系ファンド、リージョナルファンド等多様なプレーヤーが参画していますが、転職先を選ぶときは、チーム・投資戦略・LP属性・そしてパートナーとのフィットの見極めが重要です。以下では日本で投資活動を行う有力プライベートエクイティファンド運用企業一覧と、PE業界転職先の選び方4ポイントを紹介いたします。(全て現役のPEトップファーム勤務者が執筆!)
プライベートエクイティからの転職~そのキャリアパスとは?
プライベートエクイティからの転職~そのキャリアパスとは?
プライベートエクイティ業界に転職した後のキャリアパスはどうなっているのでしょうか?PE転職後、そのままディレクター、パートナーと順調に昇進できるのは1割未満です。大半はどこかのタイミングでPE業界の外に出るわけですが、この選択を間違えると、たちまち悲惨な転落キャリアに。以下ではPE業界で長年勤務するストロングキャリア講師陣が、豊富な実例をもとに、プライベートエクイティからの転職先、キャリアパスをまとめて解説致します。
プライベートエクイティへの転職対策総まとめ~コンサル・投資銀行からのPE転職
プライベートエクイティへの転職対策総まとめ~コンサル・投資銀行からのPE転職
プライベートエクイティに転職する前に、PE転職後のメリット・デメリット、またPE業務に向いている人、いないひと、クビになる人の特徴を知りたい方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。以下ではPE業界勤務経験の長いストロングキャリア講師陣が、未経験者がPE業界に転職する上で読んでおきたいコラムの一覧をまとめて解説しています。
ベインキャピタルへの転職~日本で最も成功した外資系PEFベインキャピタル
ベインキャピタルへの転職~日本で最も成功した外資系PEFベインキャピタル
外資系PEファンドの中で、日本で最も成功したファームの一つである、ベインキャピタル。国内最大級の投資チームを誇り、投資実績(件数・規模・リターン)でも国内トップ3に入ります。リターンの安定的な高さからグローバルブルーチップLPの強力なバックアップを得ており、投資チーム及び投資先経営陣として、MBBや主要投資銀行出身者を日本市場でも数多く採用しています。ジャパン特化型ファンドを募集する実績とLPサポートは十分で、ローカルファンド設立の噂が過去10年位、出ては消えていっています。
カーライルへの転職:外資系トップファームだが実際は超絶ドメスティックファンド?
カーライルへの転職:外資系トップファームだが実際は超絶ドメスティックファンド?
カーライルジャパンは日本のプライベートエクイティ業界の草分け的ファンドの一つです。日本特化型ファンドとしては最大級の規模、人員数、投資実績を誇りますが反面、外資系な割に「超ドメスティックカルチャー」としても有名です。日本の金融機関や総合商社出身者の歴代パートナーの影響か、若手も三菱商事や投資銀行出身者が多く、男性中心のハードワークカルチャーでも知られています。他のPEファームと比べた時のカーライルジャパンの特徴に関し、以下に解説します。
KKRへの転職~プライベートエクイティ業界の言い出しっぺ?の5大特徴とは?
KKRへの転職~プライベートエクイティ業界の言い出しっぺ?の5大特徴とは?
KKRは1970年代にプライベートエクイティというビジネスモデルを始めた最初のPEファームです。以降、世界各地でファンドサイズ、リターン、集める人材の質、KKRキャップストーンの創設(専属バリューアップチームもKKRが最初でした)など、様々な点でPE業界でリーダーシップを発揮してきました。そして転職市場ではマッキンゼーやゴールドマンサックス社員のトップクラスの人材にとっても非常に狭き門ですが、その報酬水準もPE業界最高水準で、KKRからの転職先も華やかです。そんなKKRの特徴について解説します。
プライベートエクイティ転職:いきなり売上5年分確定、というPEビジネスを知れ
プライベートエクイティ転職:いきなり売上5年分確定、というPEビジネスを知れ
プライベートエクイティファンドのビジネスの本質を的確に理解されているでしょうか?PEファームでは、ファンド総額に対し、2%前後のマネジメントフィーを毎年徴収します。投資期間の5年間は2%程度、その後の回収機関の5年間は年間1%程度が一般的です。このことは、ファンドレイズが成功した途端、実にファンド総額の15%は自社の売り上げになることが確定することを意味します。以下では長年のPE勤務経験を有する現役のPEプロフェッショナルが、PEビジネスモデルの本質の意味合いを詳細に解説いたします。
1
3
4
総合アクセスランキング