プライベートエクイティ面接で見られる究極の資質3か条を徹底解明!

プライベートエクイティ面接で見られる究極の資質3か条を徹底解明!

当サイトには、現在マッキンゼーやBCG、ゴールドマンサックスなどで働きながら、プライベートエクイティ転職を志望される方が多く会員になられています。プライベートエクイティ転職時の面接で必要な資質三カ条をStrong Career講師が解説します。(写真はプライベートエクイティ転職対策テキストより抜粋)

プライベートエクイティファームの門戸は、狭い

 

ファンド期間ほとんどの間、業務の実態は「株の所有」だ。それでいて期間は平均10年と長いので、案件発掘と売却から経理、その他外部役員投入など専門性の高いことの多くをアウトソースし、基本的には「どえらく長期間株を所有」するのが本業で、採用も顕著に増えたりしない。これでは門戸が広いわけがないだろう

 

では、あなたがやっとこさプライベートエクイティ転職の面接にこぎつけたとして、絶対気を付けるべき重要ポイントはなにか?本コラムでは、実際に無数のプライベートエクイティ面接をしてきた著者の経験を踏まえ、ファームが面接で候補者に探す究極の資質3か条をご紹介する

 

数字で「全て」をを語れるこ

プライベートエクイティは単なる投資ではなく、売却の際「リターンの出る」投資をしなければ存在価値はない。そして投資でリターンがでるかでないかは、完全に数字の世界だ。会社の業績分析も構造改革シナリオも海外展開インパクトもリターン予測も、すべて数字で語られる

 

...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける