2021年プライベートエクイティ転職機会が、控えめに言っても急増中の理由とは?

2021年プライベートエクイティ転職機会が、控えめに言っても急増中の理由とは?

コロナショックで様々な業界が逆風にさらされる中、プライベートエクイティ業界はエグジットとファンドレイズが順調に進み、ファンドレイズに成功したPEファームは積極的に採用しています。以下ではその背景を解説します。

2021年プライベートエクイティ転職機会が、控えめに言っても急増中の理由とは?

新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

さて、2021年になりましたが、全体的に採用態度が冷却化する中、プライベートエクイティ業界は旺盛な採用需要を見せています。

その第一の理由は、エグジットが順調に進んだこと。実体経済の停滞にも関わらず世界的な金融拡大が続き、世界各国で株価が最高値を更新しました。結果的に上場を通じたエグジット機会が大きくなり、数多くのPEファームによる投資先企業が上場を果たしました。

また企業セクターも引き続きキャッシュポジションが潤沢で、M&Aによるエグジットも順調でした。PEファンドは仮に件投資して%ほどドライパウダーを消化しており、つくらいはエグジットしていれば(目標リターンの・倍を達成しつつ)次のファンドレイズに行けることが多いものです。

そんな中、コロナ禍でファイナンシャルスポンサーを探す企業も増え、またPEファンドによる他のPEファンドへのセカンダリー案件も活発で、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング