Wide thumbnail 32a1e573 c9af 406a 94b4 6da2dc7ef889

外資就活

このカテゴリの記事
63本
新卒の皆さんが、外資氏就活(戦略コンサルや外資金融)などハイキャリア就活・面接に臨まれる際の、本質的な心得です。
コンサルファーム各社のエントリーシート質問10大パターンとは?
コンサルファーム各社のエントリーシート質問10大パターンとは?
ストロングキャリアでは学生会員の皆様を対象に、直近の各社選考プロセスで問われた質問などを定期的にサーベイしております。以下では近年の”コンサルエントリーシート各社質問”内容を一覧にまとめ、その10大パターンを解説致します。
多国籍企業・総合商社・広告・金融・不動産他人気企業のエントリーシート分析
多国籍企業・総合商社・広告・金融・不動産他人気企業のエントリーシート分析
P&Gやアマゾンなどの多国籍企業、三菱商事をはじめとする総合商社、電通など広告業界、三井不動産などの不動産業界、東京海上日動火災保険などの保険業界をはじめとする人気企業各社のエントリーシートは、具体的な質問形式は変わっても、本質的に聞かれることは、ほぼ同じです。以下に詳細を解説致します。(ストロングキャリアでは新卒会員登録時に各社面接質問動向の最新版を継続的に収集しています。)
外資系投資銀行のエントリーシート質問一覧と典型的パターンとは?
外資系投資銀行のエントリーシート質問一覧と典型的パターンとは?
外資系投資銀行のエントリーシートは、外資系投資銀行の面接で聞かれるようなオーソドックスなことが聞かれます。以下ではゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、JPモルガン、シティ、バークレイズ、UBS,ドイチェなど主要投資銀行のエントリーシート質問の一覧を紹介いたします。(ストロングキャリア新卒会員登録時のアンケート調査参照)
なぜ投資銀行や戦略コンサルより、GAFAの方が圧倒的に儲かり未来が明るいのか?
なぜ投資銀行や戦略コンサルより、GAFAの方が圧倒的に儲かり未来が明るいのか?
就活にしても、転職にしても、今時”とにかくコンサル””とにかく外銀”という発想は、考え直しましょう。もちろん、その人のビジョンや特性によってはこれらの業界は引き続き魅力的な就業機会を齎しますが、重要なのはどの業界に、最もお金になるデータが最も早く大量に集積するのか、またそれらを分析・加工してマネタイズできるのかという考察なのです。以下では、かつてはマッキンゼーやゴールドマンサックス出身者はMBA留学を経てPE転職志望者が多かったのに、今ではGAFA海外オフィス転職者が増えている背景を解説します。
「残念就活生」と「ハイレベル就活生」を容赦なく分断する、3大典型ポイントとは?
「残念就活生」と「ハイレベル就活生」を容赦なく分断する、3大典型ポイントとは?
“どんな学生を雇いたいと思いますか”“優秀な学生って、どんな人ですか”について講師に伺いました。そもそもそういう質問事態が、センス無き「残念質問」の典型例なので、間違っても面接で聞かないようにしましょう。よく学生さんが言ってしまいがちな、論理的思考能力、分析力、コミュニケーション能力は、重要ではありますが、最優先事項ではありません。要するに「信頼できる人間だ」「その成功を助けてあげたい」と思われるキャラかどうかですが、その要素を見てみましょう。
100問テスト!コンサル・外銀が面接で聴く質問事例100選
100問テスト!コンサル・外銀が面接で聴く質問事例100選
外資系コンサルティングファーム、外資系金融機関の面接で問われた質問集を100サンプル紹介いたします。オーソドックスな質問以外にどのような質問が問われるのか、ご参考ください。
コンサルと投資銀行の仕事内容・ビジネスモデルの違い~M&A編
コンサルと投資銀行の仕事内容・ビジネスモデルの違い~M&A編
世界各国で最も競争的なビジネス人材は、戦略コンサルか投資銀行を目指すことが長年続いてきました。そしてこのコンサルVS投資銀行という比較も、日本だけでなく世界中の有力大学の学生が考えるトピックです。これに対する回答も様々な人がしていますが、本質的な違いはその両者のビジネスモデルの違いに起因しています。両業界のビジネスモデルの違いのみならず、エージェンシーコストの違いも理解したうえで、御自身にフィットの高いキャリア選択をしましょう。
就職キャリア相談:「日本を科学技術立国するという夢を叶えるには?」
就職キャリア相談:「日本を科学技術立国するという夢を叶えるには?」
理系の学生さんの多くが、日本を科学技術立国にしたいという「キャリアビジョン」や「志望動機」を就職活動中に熱く語られます。そして毎年「理系学生悩み事アルアル」シリーズ再頻出第一位が、「日本の技術力を高めるには、自分は技術者になるべきか、それともコンサルなどで経営のレベルで貢献すべきか」というもの。しかしそもそも「日本の技術競争力を高めるのが私の生きる道」というのが単なる思い込みでないのか考えなければならないのは当然のことながら、メーカー研究職やコンサル以外のオプションも広く検討しましょう。
入社直後から活躍する新卒コンサル5大成功ファクター
入社直後から活躍する新卒コンサル5大成功ファクター
新卒でも、コンサルとして活躍できるのか、と思われる方は少なくないでしょう。しかし、現場では、新卒は新卒なりにやることがたくさんあります。新卒で、コンサルに入った場合の、活躍する人の特質と、「まずもって上司にとって、やってくれるとありがたい仕事」を説明します。
総合商社への就職と転職:総合商社で得られる4大グローバルスキル
総合商社への就職と転職:総合商社で得られる4大グローバルスキル
総合商社は今どき年功序列で40代になるまで重要な決定権がなく、社内調整業務ばかりで何かのプロフェッショナルになれるわけではないと敬遠されがちです。しかし他方で、商社からMBAに送ってもらい、PEに転職し、商社を自分のキャリア形成に「上手く使う」人も。30そこそこで得られる経験、スキルの極意を、大手総合商社から米国トップMBAに留学し、プライベートエクイティファンドに転職されたStrong Career講師陣の方に執筆してもらいました。
1
3
4
総合アクセスランキング