プライベートエクイティ転職後の実務・投資委員会編~赤っ恥3大要件はコレだ!

プライベートエクイティ転職後の実務・投資委員会編~赤っ恥3大要件はコレだ!

プライベートエクイティ転職志望者の多くは、実際のプライベートエクイティ社内の日常の仕事内容について、具体的なイメージをつかめていないことも多いもの。投資チームにとって最も大切なのは、何といっても「投資委員会」でのパフォーマンスです。これは本業のコアであるのみならず、ファーム内での印象を左右するからです。出張が多いPEファーム内では、投資委員会での印象があなたの評価を大きく左右します。本コラムでは、プライベートエクイティ投資委員会で「赤っ恥をかく人」と「尊敬をされるひと」の差を徹底検証します。

プライベートエクイティ投資委員会で「赤っ恥をかく人」と「尊敬をされるひと」の差を徹底検証


見事にプライベートエクイティ転職を果たした人は、その出張の多さに驚くかもしれない。所属が投資チームであれば、案件ソーシングや度重なる交渉、そして投資先モニタリングで投資先や投資先の所有する海外工場などに出向かねばならないし、IRチームは、LP投資家対応や会合で、いろいろ海外出張が多い。


加えて、パートナーたちは3週間などと休暇で日本からいなくなるひともいたりする。その休暇と本人の出張が連なれば、時には2ヶ月以上ろくにオフィスで顔を見ないこともありえるのだ。


そんな中、社内一同が最も顔を合わせる可能性が高いのが投資委員会(Investment Committee; IC)である。ICというものは、投資判断をするとき、モニタリング状況の報告を受けるとき、Exit判断をするとき、そして新規案件ソーシングの状況報告を受けるとき、などに逐一開催される。末端アソシエイトから創業パートナーまで勢ぞろいする場が、このICといえよう。そしてこの場こそ、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける