コンサル後の3大転職パターンと、多様なキャリアパスの実態~出戻り組も結構多い!

コンサル後の3大転職パターンと、多様なキャリアパスの実態~出戻り組も結構多い!

コンサル転職後のキャリアパスは典型的質問である。非常に多様であるが、その3大パターンと、更に多様な事業会社転職事例、そして意外と多い、事業会社転出後、数年して古巣に戻ったり、フリーランスとして古巣と働く、「出戻り組」キャリアの実態について紹介します。

さて、外資系戦略コンサルティングファームを目指す人が当サイトに聞いてくることの典型的質問の一つに“キャリアパスとして、コンサルで働いた後にそこから転職する人は、どのような業界に行く人が多いですか?”というのがある。以下にそのパターンを記そう。

コンサル後の3大転職パターンと、多様なキャリアパスの実態~出戻り組も結構多い!

コンサルからプライベートエクイティ(バイアウトファンド)への転職

結論から言えば非常に多様だ。逆に言えば、選択肢が広くなることの裏返しであろうが、まず一つ目のパターンとして一昔前まで多かったのが、マッキンゼー、BCG,ベインからの最も人気が高かった転職先は、狭き門ではあるがバイアウトファンドだ。

ただしこのブームは一服した感がある。これは、いざ入るとキャリーが出て儲かるまでのサイクルが10年単位と、非常に長いのに対し、創業して短期でエグジットする成功モデルの方をよりまぶしく感じる人が増えてきているからでもあろう。

(上にいるパートナーは、楽で儲かるので何十年も出ていかないので、いつまでもボスがいる生活に嫌気がさして...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける