プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!

プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!

プライベートエクイティ業界にはどんなファンドがあり、どう選べばいいのでしょうか?独立系・キャプティブ系、外資系ファンド、リージョナルファンド等多様なプレーヤーが参画していますが、転職先を選ぶときは、チーム・投資戦略・LP属性・そしてパートナーとのフィットの見極めが重要です。以下では日本で投資活動を行う有力プライベートエクイティファンド運用企業一覧と、PE業界転職先の選び方4ポイントを紹介いたします。(全て現役のPEトップファーム勤務者が執筆!)

プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!

独立系・金融機関キャプティブ系・外資系リージョナルファンド等、多様なプライベートエクイティファンド

日本のプライベートエクイティ業界は1990年代終盤に、ユニゾンキャピタル及びアドバンテッジパートナーズ、MKSを草分けに発足しました。

その後、インテグラルポラリスJIPなど後発組も成功裏に成長し、今では伝統的な御三家を凌駕する規模のファンドを運用するまでになりました。(2020年にはインテグラルが1238億、ポラリスが1500億と、ジャパン特化型ファンドとしては最大級になりました。)

金融機関傘下では日本ミライキャピタルティーキャピタル(億旧称:東京マリーンキャピタル)も、長い歴史と実績を誇っています。

また商社系では三菱系のアントキャピタルが、総合商社系の中では最も有力なファンドの一つとして成長しました。

日本は、スモールキャップファンドの投資機会が多く、パフォーマンスも高い

日本では金額にして10億から20億の小型案件のパフォーマンスが比較的よく、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

ストロングキャリアはハイエンド・プロフェッショナル人材特化型キャリアサイトで、(株)ディープキャリア (有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-312610) により運営されています。前身の「外資系戦略コンサル投資銀行面接対策セミナー」設立の2002年以降20年にわたり、現役のプライベートエクイティ、戦略コンサル、投資銀行等のプロフェッショナルが、実に1万人以上の皆様にキャリアコーチング/面接対策及び、LBOモデル・バリエーション研修など実践的な研修を提供して参りました。弊社では個人の適正とビジョンを見極めた上で、ハイクラス・厳選求人案件をご紹介しております。以下では僅か2ページ・所要3分の会員登録で、数千頁を超える会員コンテンツを御覧頂けます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング