モルガンスタンレーVSゴールドマンサックス&メリルリンチ~何が違うのか?

モルガンスタンレーVSゴールドマンサックス&メリルリンチ~何が違うのか?

外資系金融機関として、三菱との提携後、投資銀行部のポジショニングが大いに上がったモルガンスタンレー。ゴールドマンサックスやメリルリンチと比べたときの数点の特徴を論じます。

モルガンスタンレーの大特徴

モルガンスタンレーは伝統的に外資系証券のBIGの一角として認知されてきました。外資系証券会社を志望する方はまずゴールドマンサックス、モルガンスタンレー(三菱東京UFGモルガンスタンレーですが、便宜上以下モルガンスタンレーと表記)、メリルリンチ(バンクオブアメリカメリルリンチですが、便宜上以下メリルと表記)の面接を受けることが多いでしょう。

ではモルガンスタンレーを他社と比べたときの特徴はどこにあるのでしょうか?以下に解説いたします。

.三菱との資本提携が功を奏し、日本市場で好調

モルガンスタンレーは投資銀行部門など伝統的に外資系トップでしたが、ゴールドマンサックスの後塵を拝してきました。

しかし金融危機以降の三菱との提携が功を奏し、三菱グループを通じたディール流入で、M&Aの案件数・取り扱い金額数共にトップクラスに躍り出ました。

これはバンカメに買われてブランドがどちらかといえば低下し、社内政治の激しさで勢いが削がれがちなメリルリンチに、”買われ先”で差がつく結果となりました。

.強いグローバルブランド...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける