モルガンスタンレーVSゴールドマンサックス&メリルリンチ~何が違うのか?

モルガンスタンレーVSゴールドマンサックス&メリルリンチ~何が違うのか?

外資系金融機関として、三菱との提携後、投資銀行部のポジショニングが大いに上がったモルガンスタンレー。ゴールドマンサックスやメリルリンチと比べたときの数点の特徴を論じます。

モルガンスタンレーの5大特徴

モルガンスタンレーは伝統的に外資系証券のBIG3の一角として認知されてきました。外資系証券会社を志望する方はまずゴールドマンサックス、モルガンスタンレー(三菱東京UFGモルガンスタンレーですが、便宜上以下モルガンスタンレーと表記)、メリルリンチ(バンクオブアメリカメリルリンチですが、便宜上以下メリルと表記)の面接を受けることが多いでしょう。

ではモルガンスタンレーを他社と比べたときの特徴はどこにあるのでしょうか?以下に解説いたします。

1.三菱との資本提携が功を奏し、日本市場で好調

モルガンスタンレーは投資銀行部門など伝統的に外資系トップ3でしたが、ゴールドマンサックスの後塵を拝してきました。

しかし金融危機以降の三菱との提携が功を奏し、三菱グループを通じたディール流入で、M&Aの案件数・取り扱い金額数共にトップクラスに躍り出ました。

これはバンカメに買われてブランドがどちらかといえば低下し、社内政治の激しさで勢いが削がれがちなメリルリンチに、”買われ先”で差がつく結果となりました。

2.強いグローバルブランド~ゴールドマンサックスに次いでナンバー2

グローバルでモルガンスタンレーのブランドは強く、IBD,株式部門などフロント業務は総じて、投資銀行業界でトップティアのタレントを引き付けることができます。

これら部門で働く際は、優秀な同僚、上司、部下に恵まれることでしょう。クライアント企業からも、トップティアのカウンターパートとして認識されています(たまに傲慢なMDもいますが、偉そうで有名だった債券部のAさんもついに去りました)。

あと会社のブランドが強いため、あまり活躍できずにすぐに放出されることになった人でも、「元・モルガンスタンレー」と堂々と称して、実際はブティックファームなど経営していないのにしていることにして、メディア業界で生きている人もいます。

会社のブランドが強いので、一度はいればそれを印籠に、ハッタリが効くメディア業界などでたくましく食べていく人も結構いるのです。

3.順法意識が強く、コンプライアンスに厳しい

たまに従業員がインサイダー取引で捕まり紙面をにぎわすゴールドマンと異なり、メディアで不正・不祥事でモルガンスタンレーが取り上げられることはあまりありません。

以前よりコンプライアンスが厳しい、順法意識の強い会社として知られており、こういう「守りの強み」に、モルガン家の「ファーストクラスの仕事を、ファーストクラスのやりかたで行うのだ」という、有名な格言が思い起こされます。(2019年末に、トレーダーが100億円以上の損失を隠蔽したニュースが出ましたが、これも別に規制当局から指摘された話ではありません)

4.日本市場での長期的コミットメント

投資銀行業務、株式、債券、資産運用など40年にわたって日本で業務を展開し、外資系金融機関の中で最大級の規模を擁しています。

また伝統的に株式調査部や株式営業部、不動産投資やプライベートエクイティ投資チームも、高いパフォーマンスを上げてきました。

5.(他社と共通)アジアで東京オフィスのプレゼンスは低下中

これは日本の金融市場の相対的縮小と経済成長率の低さ、およびグレーターチャイナ圏の巨大化と高成長により仕方がないのですが、他社同様、ニューヨークのみならず香港・シンガポールオフィスの位置づけの方が、東京オフィスより重要になり、機能や部門別に香港などに移管されています。

以上を鑑みたとき、モルガンスタンレーを目指す人はどのような人が向いているでしょうか?

第一に、会社のブランドや、優秀な人と働き、自分もその一員とみなされることが重要な人は、「激務でもこの会社の一員でいたい」と思って頑張る動機になります。

第二に、グローバルな環境で働きたい方は、外国人機関投資家相手に働けるマーケット部門を選び、ドメスティックな債券営業などは再考しましょう。ないし英語に自信があれば、業務拡大中のシンガポールや、最近は少し不安定化していますが、香港オフィスなどで勤務しましょう。(パフォーマンスが良ければロンドン、ニューヨークを含め、海外武者修行もさせてもらえます。)

第三に、三菱との連携がうまくいっていて仕事も多く、また日経カルチャーも融合しているのか他社に比べ解雇も少ないです(実際私の友人も多くが、他社を数社経験したのち、モルガンスタンレーで長年働いています)。

総じてセルサイド金融業務を志望されるならば、上記特徴へのフィットがあれば、満足度の高いキャリアを歩めるでしょう。

*20年間の圧倒的積み上げ!コンサル・PE・金融での転職・就活に特化した内部情報満載の会員限定面接対策コラムを読むには、30秒で無料会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69