リストラだらけの外資に入るメリット・デメリットとは?

リストラだらけの外資に入るメリット・デメリットとは?

リストラという点では日系の方が少なく安定的である。しかし、日系と外資の差は縮まっており、単に外資・日系という軸ではなくプロジェクト、チーム、給与水準、自身のビジョンという要素から本質的に考えるべきである。

リストラだらけの外資に入るメリット・デメリットとは?

東京大学 修士一年 Wさんより質問

外資系は入社するときに志望部門を絞るので、プロフェッショナルを育てるという特徴を持っていると思います。
しかし、外資はリストラが多くあるイメージがあるので、キャリアデザインの観点から外資系に入るメリット、デメリットを教えていただきたいと思います。
また、英語面接に関して、どの程度英語の受け答えができればいいのか教えていただきたいと思います。

講師による回答

外資と言っても産業によって日系との違いのレベルが異なりますので一概に言えませんが、ここではサイトの性格を鑑み、投資銀行について書きたいと思います。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける