就活・転職で、リストラだらけの外資に入るメリット・デメリットとは?

就活・転職で、リストラだらけの外資に入るメリット・デメリットとは?

外資系に入ると、給料が高いというイメージがありますが、重要なのは”リスク調整済み報酬”です。2割給料が高くても10倍クビになりやすいなら、それはリスク調整すると割に合わないことになります。また外資金融などで野村に進んだ同期より3倍稼いで威張っていたのも30代半ばまで、その後解雇されて潰しが効かず、40代は実質ニートみたいな人も、少なくありません。自分は40代どう過ごしたいのかも考えキャリア選択しましょう。(写真は、選挙に敗れてFireされた、某大統領)

就活・転職で、リストラだらけの外資に入るメリット・デメリットとは?

東京大学 修士一年 Wさんより質問

外資系は入社するときに志望部門を絞るので、プロフェッショナルを育てるという特徴を持っていると思います。

しかし、外資はリストラが多くあるイメージがあるので、キャリアデザインの観点から外資系に入るメリット、デメリットを教えていただきたいと思います。

回答:メリットは報酬、デメリットは解雇リスク、長期リスクは40超えて大企業で働き続ける選択肢が狭まるという現実

まずメリットですが、これは仮にあなたにとって収入要素がダントツ重要で、かつ社内政治を含めた競争に勝てる自信があるのであれば、外資系の方がメリットが大きいでしょう。

これに対し、日系は2:8の法則で、一部の社員が働き、その他大勢の働かないオジサンを食べさせる、社会主義モデルです。このデメリットは、頑張っても頑張らなくても給料がたいして変わらず解雇にもならないので、フリーライダーが出ることです。

しかしメリットは、解雇されないので、同じ人がいつまでも居続けるため、そこにいる人やカルチャーが好きであれば、心理的安全地帯の中で末永く働けます。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング