カーライルへの転職:外資系トップファームだが実際は超絶ドメスティックファンド?

カーライルへの転職:外資系トップファームだが実際は超絶ドメスティックファンド?

カーライルジャパンは日本のプライベートエクイティ業界の草分け的ファンドの一つです。日本特化型ファンドとしては最大級の規模、人員数、投資実績を誇りますが反面、外資系な割に「超ドメスティックカルチャー」としても有名です。日本の金融機関や総合商社出身者の歴代パートナーの影響か、若手も三菱商事や投資銀行出身者が多く、男性中心のハードワークカルチャーでも知られています。他のPEファームと比べた時のカーライルジャパンの特徴に関し、以下に解説します。

カーライル転職志望者が知るべき、他のPEファームに比べた時のカーライルの特徴とは?

・カーライルは日本に最も根付いた外資系PEファンド

カーライルは日本のPE業界黎明期から日本に参入し、ファンドサイズ、投資実績、投資チームのサイズ(...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング