カーライルへの転職:外資系トップファームだが実際は超絶ドメスティックファンド?

カーライルへの転職:外資系トップファームだが実際は超絶ドメスティックファンド?

カーライルジャパンは日本のプライベートエクイティ業界の草分け的ファンドの一つです。日本特化型ファンドとしては最大級の規模、人員数、投資実績を誇りますが反面、外資系な割に「超ドメスティックカルチャー」としても有名です。日本の金融機関や総合商社出身者の歴代パートナーの影響か、若手も三菱商事や投資銀行出身者が多く、男性中心のハードワークカルチャーでも知られています。他のPEファームと比べた時のカーライルジャパンの特徴に関し、以下に解説します。

カーライル転職志望者が知るべき、他のPEファームに比べた時のカーライルの特徴とは?

・カーライルは日本に最も根付いた外資系PEファンド

カーライルは日本のPE業界黎明期から日本に参入し、ファンドサイズ、投資実績、投資チームのサイズ(年初頭のファンドは2.3ビリオンドルをジャパンファンドに集めました)など、ミッドキャップバイアウトとしては日本のトッププレーヤーの一角として広く知られています。

ディールアングルもコーポレートスピンオフからオーナー企業の事業承継、スペシャルシチュエーションまで幅広く手掛けており、歴代ファンドのパフォーマンスは若干凸凹していますが、総じて日本で最も成功した外資系プライベートエクイティファンドの一角として知られています。

・カーライルは外資系の割に、超ドメスティックカルチャー

外資系ではあるものの、その中身は極めてドメスティック。一応投資委員会は米国本社にも諮るものの、基本的にプライベートエクイティ業界はローカルビジネス。

外資のイメージとは裏腹に、極めてドメスティックなオフィス環境での仕事となります。

長期間、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける