アドバンテッジパートナーズに転職して分かる、5大アドバンテッジとは?

アドバンテッジパートナーズに転職して分かる、5大アドバンテッジとは?

1997年にユニゾンキャピタル、MKSとともに国内独立系御三家として日本のPE業界の幕開けを担ったアドバンテッジパートナーズ。30億未満の小さなファンドで始めた一号ファンドは2000年代の4号ファンドで実に2000億を超える水準に。その後紆余曲折を経て国内ファンドサイズは縮小したものの、東南アジア進出やPIPESファンドなど、多様な戦略拡大に成功しています。そんなAPへの転職前に知りたい5大ポイントを、解説します。

アドバンテッジパートナーズと、他のPEファンドとの違いとは?

・経営支援にコミットした戦略コンサルカルチャーと、圧倒的に豊富な投資実績

アドバンテッジパートナーズは年代終盤の、日本のPE業界黎明期から現在に至るまで、マーケットリーダーとして市場をけん引してきました。

ベイン出身者のパートナーが、ゴールドマン出身者によるユニゾンに対し、コンサル職の強い陣容で投資チームを拡大。マッキンゼーやBCG,アーサーディーリトルなどから多くの優秀なコンサルタントを引き抜き、国内最大級の投資チームを擁しています。

コンサル出身者が多いのは、金融出身者が多いライバルファンドと比べ、投資先に自ら入って経営支援にコミットする強さに繋がっています。

.スモールミッドキャップで証明された、アドバンテッジパートナーズの抜群のリターン創出力

アドバンテッジパートナーズはこれまで、各ファンドで高い実績を残してきました。

一時、かの有名な某銀行案件や某自動車部品メーカーへの巨額投資で大穴を空け、窮地に陥ったことがあります。

しかし結局は飲食業界、小売り業界のスモールキャップ案件が...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける