メリルリンチで社内リンチ?~社内政治闘争激しい御三家のPro & Con

メリルリンチで社内リンチ?~社内政治闘争激しい御三家のPro & Con

ゴールドマン、モルガンスタンレーと合わせてトップ3として一時はグローバル投資銀行のトップに君臨していたバンクオブアメリカ・メリルリンチ(”メリルリンチ”)。リーマンショック後にバンクオブアメリカに買収されたのちの実態と、向いている人、向いていない人のポイントをまとめます。

バンクオブアメリカメリルリンチ(以下略称で”メリル”)のカルチャーの実態を深く理解し、向いている人、向いていない人の実態と、アピールポイントを整理しよう。

部署ごとにカルチャーの差はあるものの、皆さんが志望されることの多い投資銀行部門などフロント業務は主に、以下のような特色を有している。

Pro

Tierとしてのグローバルブランド

以前はゴールドマン、モルガンスタンレーと並び称される御三家だったが、リーマンショックの時のダメージと商業銀行に買われた後の戦略変更、また日本支社のプレゼンス低下(アジアのコントロールタワーは香港に移動)で、Tier・という印象になりつつある。

それでもトップティアの一角であり、総じてその業界において優秀な人材を引き付けることができる

優秀な若手が多い

新卒で投資銀行部門に入社する人は総じてよく働き、まじめで優秀な人が多い。
(これは私見だが、ちょっと顔採用が過ぎるんじゃないの、という美男美女採用が多かったイメージがある。ただし投資銀行の若手採用はどこも、外見も結構重視される―特に株式営業部にその傾向が顕著。)

自己責任で実力主義・...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69