メリルリンチで社内リンチ?~社内政治闘争激しい御三家のPro & Con

メリルリンチで社内リンチ?~社内政治闘争激しい御三家のPro & Con

ゴールドマン、モルガンスタンレーと合わせてトップ3として一時はグローバル投資銀行のトップに君臨していたバンクオブアメリカ・メリルリンチ(”メリルリンチ”)。リーマンショック後にバンクオブアメリカに買収されたのちの実態と、向いている人、向いていない人のポイントをまとめます。

バンクオブアメリカメリルリンチ(以下略称で”メリル”)のカルチャーの実態を深く理解し、向いている人、向いていない人の実態と、アピールポイントを整理しよう。

部署ごとにカルチャーの差はあるものの、皆さんが志望されることの多い投資銀行部門などフロント業務は主に、以下のような特色を有している。

Pro

Tierとしてのグローバルブランド

以前はゴールドマン、モルガンスタンレーと並び称される御三家だったが、リーマンショックの時のダメージと商業銀行に買われた後の戦略変更、また日本支社のプレゼンス低下(アジアのコントロールタワーは香港に移動)で、Tier・という印象になりつつある。

それでもトップティアの一角であり、総じてその業界において優秀な人材を引き付けることができる

優秀な若手が多い

新卒で投資銀行部門に入社する人は総じてよく働き、まじめで優秀な人が多い。
(これは私見だが、ちょっと顔採用が過ぎるんじゃないの、という美男美女採用が多かったイメージがある。ただし投資銀行の若手採用はどこも、外見も結構重視される―特に株式営業部にその傾向が顕著。)

自己責任で実力主義・...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける