ブラック面接官3大残念パターンとは?~無意味な質問と圧迫、そしてイチャモン

ブラック面接官3大残念パターンとは?~無意味な質問と圧迫、そしてイチャモン

面接官は、単にコンサルやバンカーだからと横柄に振舞うことがあります。本来は、複数内定を得る引っ張りだこの優秀な候補者に自社を選んでもらえるよう、会社の看板を背負って会社を売り込む立場なはず。しかし大したことない人に限って、未経験だから無知で当たり前の学生さんに強く出て、優越感に浸る超・ポンコツ面接担当者も。そんな中、愚かな面接官の特徴と、出くわしてしまったらどうしたらいいかのか、当セミナー講師が所見を述べます。

面接官のクオリティもまさにピンキリ~面接官のレベルで、入社後の現実が想像できる

会社の面接官とは本来、候補者を選ぶといった傲慢な態度ではなく、オプションの多い候補者を口説きとして来てもらう、くらいの謙虚なマーケティングスピリットが大切な役割なはずである。

しかし残念ながら、面接官にもタチの悪い人は多い。

以下では、面接官の人選ミスからくる愚かな面接官の3大特徴と、泣き寝入りしないための、毅然とした対処法を紹介しよう。

①愚かなブラック面接官、その3大特徴とは?

①程度の低い、愚かな質問:
愚かな面接官の第一の特徴が、程度の低い質問をし、相手の実力を測るのに到底不適切な、専門知識の無い学生さんに聞いても到底意味の無い、馬鹿な質問をすることだ。


たとえば外資コンサルや金融ではこういう質問は横行していないが、日本の企業の、”一分で自己紹介”とか、”動物に例えると?”とかって、いったい何なのかと。

これで到底その相手の実力や真の姿を引き出せると思えないし、そもそも大人同士のコミニュケーションとして、不自然過ぎる。本来もっと相手をリラックスさせて、本音を引き出したり深堀するのが本来の...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。またストロングキャリア・オンラインサロンでは、無料で優秀な会員同士の相互学習・ネットワーキングコミニュティを形成しております。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける