プライベートエクイティ転職:いきなり売上5年分確定、というPEビジネスを知れ

プライベートエクイティ転職:いきなり売上5年分確定、というPEビジネスを知れ

プライベートエクイティファンドは、ファンド総額に対し2%前後のマネジメントフィーを毎年徴収します。投資期間の5年間は2%程度、その後の回収機関の5年間は年間1%程度が一般的ですが、ファンドサイズが大きくなるにしたがって、フィー%は低下傾向にあります。以下、長年大手PEファームに勤める講師からの寄稿です。


プライベートエクイティのビジネスモデルの理解

「PEと投資銀行の差」は、PEが自己のバランスシートを使って企業買収するのに対し、投資銀行はあくまでその仲介役。こう思っているひとは、少なくないだろう。そしてこれは、間違っていない。

しかし、実はこれは、PEと投資銀行の差の「全体」を表すわけでも、「本質」を表すわけでもない。そして、PE面接でのあなたを、「インプレッシブ」にも決してしない。

PE志望のあなたは、最終的には必ずPE経営者に採用判断をされる。だからこそ、PE経営者目線でPEビジネスの本質を知っておいてほしい、という趣旨で今回は本コラムを掲載する。

ずばりその本質とは、PEファンドをひとつの事業会社に見立てた場合、PEは「ファンドレイズしたら売上5年分がいきなり確定し、ポートフォリオ企業売却価格次第ではさらに売上が見込めるオモシロいビジネス」という点なのである。

以下、より詳細にみていこう。まず、これからPEとしてファンドレイズをするとする。PEだろうとVCだろうと、1号ファンドのレイズはとにかく難しいし、ファンド創業者は例外なく、それこそ「泥を飲む」経験をしている。(余談:だから、「一号ファンドなのに、まさかあそこまでの金額を調達できた理由をぜひお聞きしたいです。アンカーをやってくれるLPが確定するまでに、どういった部分で一番ご苦労なされましたか?」は、50億以上の1号ファンドのファンド創業者なら、懐かしくも聞かれて嬉しい面接質問である。)

とにもかくにも、LP投資家からファンドコミットメントをもらうと、さっそく投資を実行していくために、PEはファンドを「クローズ」させる。これはLPとの契約上、「いまは合意した金額を将来振り込むというコミットメント表明だけども、うち(PE)がCapital Callをかけたら無条件にその金額の範囲内で指定の口座に振り込んでもらいますからね」という規定を法的に有効化させる意味をもつ。100億ファンドを目指すPEファンドが60億のコミットメントを集め終わり、残りの40億にはもうすこし時間がかかりそうな場合は「ファースト・クローズ」といったように一旦60億でクローズをして投資を始める場合も多々ある。

いささか料率に濃淡はあっても、この「クローズ」の時点で、それ以降5年の期間、PEは運用報酬としてコミットメント総額の2%を毎年徴収できるのだ。100億ファンドなら、これだけでも、投資案件のソーシング状況如何にかかわらず(極端にいえば、仕事すらするかしないかにかかわらず)、いきなり毎年2億円の報酬(PE売上)を5年間分保証されたことになる。この収益安定性にこそ、「なんかPEのひとって精神状態よさそう。」とか「むしろあまり仕事してなそうなのにやたらと羽振りがいい」といわれるようなオーラ形成のドライバーになっているのである。

そして、50億で買収した案件が後日150億で売れようものなら、その差額100億に対する20%を、「キャリー」(成功報酬)として追加的にPEは徴収する。Waterfallといって、キャリーを計算するまでに他の投資で損失を確定していたらその金額分差っ引くとか、キャリーがPEの手元に入るまでにはファンド内のポートフォリオ全部を売却して全体のパフォーマンスを確定させてからにするとか、いろいろな詳細条項が交渉の末予めファンドレイズの際にLP・PE間で取り決められているのが常だが、大まか、フィー2%/キャリー20%がPE経営者にとっての「お金の流れ」なのである。

PEのパートナーでなく、アソシエイトやディレクターでPEに転職するあなたには、直接的には、コンサル時代や投資銀行時代に毎月給料をもらう点でこの違いは感じないかもしれない。ただし、この経営目線でみた「お金の流れ」こそ、ビジネスの本質を決め、その本質への理解度が、PEへ転職しようとしているあなたの面接パフォーマンスを左右するのだ。

たとえば一例を挙げると、投資銀行ではリーグテーブルにのることがその次の案件獲得のためには重要だし、なによりリテイナー報酬よりも成功報酬に収益源を依存している。だからこそ、「より大きな時価総額案件を、より確実にクローズに持ち込む。そのためにはあらゆることをやる」方向に強力なインセンティブが沸く。一方でPEは「2%のフィーがもらえるので少しでも大きなファンドサイズを調達したいのはやまやまだが、仮にまぐれでクローズできても、そのファンドサイズに見合う数と規模で、リターンをだせる買収案件のソーシングができなければ、もう二度と次号ファンドは調達できない。」という思考回路が強烈に働き、一種の規律になる。

 

これを理解して面接に臨んでくるひとと、「PEって自己勘定投資なんで、ぼくやってみたいんです。」という、コンサルや投資銀行で睡眠3時間なのがイヤなだけのひとがいいそうな表面的な志望動機を述べくるひととの差が、歴然であることはこれでおわかりだろう。

 

PEはファンドクローズしたら5年売上確定のビジネス。この意味合いをしっかり頭に叩き込み、事業理解を「自分の本音」にまで落とし込んだうえでPE面接に臨んでもらいたい。

 

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69