Wide thumbnail f6db1fe8 161f 4bc9 9baf ee8ff6d5e01a

プライベートエクイティ転職対策

このカテゴリの記事
81本
コンサルタント、バンカーなどの次のキャリアとして人気のプライベートエクイティファームでのキャリアの実態、面接対策などに関し、実際にプライベートエクイティファンドで勤務するStrong-Career講師陣が執筆していきます。国内外のPEトップファームで働く複数の弊社講師陣が、PE業界の実態やPE転職後の成功の秘訣、PE業界で活躍する人の特質や、PE業界で活躍できずに転落キャリアを歩む人の多様な実例を解説します。これらPE業界の実態を御覧ください。
プライベートエクイティ転職の本質:面倒な仕事を全てアウトソース」する仕事へ
プライベートエクイティ転職の本質:面倒な仕事を全てアウトソース」する仕事へ
プライドがエベレスト級に高い社会不適合者が多かった米国大手法律事務所勤務。面倒くさすぎる仕事の数々が4年続いた後、私はとある決心をした。「面倒くさい仕事は全部アウトソースできる、プライベートエクイティファンドに転職しよう」実際に私の親族もPE業界で働いており、どう見ても暇そうに見えるが稼いでいた。なによりあの「面倒くさがり」の兄でも務まるのだから、よっぽど「面倒な仕事」は全部アウトソースできるに違いない。以下ではPE業界未経験者だった私が、著名PEファームに転職して学んだ教訓を解説していきます。
プライベートエクイティ転職:いきなり売上5年分確定、というPEビジネスを知れ
プライベートエクイティ転職:いきなり売上5年分確定、というPEビジネスを知れ
プライベートエクイティファンドのビジネスの本質を的確に理解されているでしょうか?PEファームでは、ファンド総額に対し、2%前後のマネジメントフィーを毎年徴収します。投資期間の5年間は2%程度、その後の回収機関の5年間は年間1%程度が一般的です。このことは、ファンドレイズが成功した途端、実にファンド総額の15%は自社の売り上げになることが確定することを意味します。以下では長年のPE勤務経験を有する現役のPEプロフェッショナルが、PEビジネスモデルの本質の意味合いを詳細に解説いたします。
「プライベートエクイティ→上場企業社長」というキャリアアップの幻想
「プライベートエクイティ→上場企業社長」というキャリアアップの幻想
プライベートエクイティファンドからの転職先として、企業経営者に転身する人も数多くいます。しかしながら、上場企業の時期経営者などの美味しそうなポジションを打診されて転職し、幸せな転身を遂げた例を見たことがありません。あなたがプライベートエクイティファンドの社員であるとして、某社の次期社長候補としてのポジションを打診されたときに検討すべき事項を、解説いたします。
非・戦略コンサルからプライベートエクイティに転職は可能なのか?3大ルートとは?
非・戦略コンサルからプライベートエクイティに転職は可能なのか?3大ルートとは?
戦略トップファームMBBからのPE転職者は数多くいますが、”じゃないほうのコンサル”がプライベートエクイティ転職を果たすにはどうしたらいいのでしょうか?アクセンチュア、デロイト、PWCなどの総合コンサル(人事・組織領域)からPEファームへ転職するには、どうすれば良いのか。実例を交え、そのパターンを解説します。
2021年プライベートエクイティ転職機会が、控えめに言っても急増中の理由とは?
2021年プライベートエクイティ転職機会が、控えめに言っても急増中の理由とは?
コロナショックで様々な業界が逆風にさらされる中、プライベートエクイティ業界はエグジットとファンドレイズが順調に進み、ファンドレイズに成功したPEファームは積極的に採用しています。以下ではその背景を解説します。
プライベートエクイティ業務への適正~PE転職後は良い意味でふてぶてしい人が勝つ
プライベートエクイティ業務への適正~PE転職後は良い意味でふてぶてしい人が勝つ
プライベートエクイティ業界への転職を考える時、プライベートエクイティ業務への適性とはどのようなものなのかを理解している必要があります。では、日本のプライベートエクイティファンドが今一番ほしい人材の「本質的な資質」とは、一体どのようなものなのでしょうか?現役のPEプロフェッショナルであるStrong Career講師が、前職で勤めていた某大手PEファンドの創業オーナー社長が口酸っぱくいっていた「PE投資家の資質」について、解説します。
プライベートエクイティ転職者の転職先:PEファンド転職後のさらなる転職先とは?
プライベートエクイティ転職者の転職先:PEファンド転職後のさらなる転職先とは?
プライベートエクイティ転職後の転職生活は、実に多様です。近年ではスタートアップへの転身や起業が増えていますが、意外とその後、カルチャーギャップと年下社長に僅かなストックオプションで使われる違和感から、大手金融に舞い戻ってくるケースも少なくありません。典型的な成功モデルは、トラックレコードとLP投資家をひっさげて独立するケース。ないし政府系の金融機関で、社内の人がよくわかっていないのを上手く使い、破格のキャリー条件でPE部門を新設し、代表についてしまうケースです。
プライベートエクイティ転職後に見抜くべき、社内人間関係マップ
プライベートエクイティ転職後に見抜くべき、社内人間関係マップ
プライベートエクイティは、公開株と違ってディールソーシングもファンドレイズも全てプライベートに行われます。それだけに何事も人間関係が重要になります。ここからのインプリケーションは、社内人間関係ネットワークにもドップリ入っていないと、社外ネットワークを使いこなすことなど到底できないという真実です。PE入社後は、投資家や経営陣だけでなく、社内人脈も重要になります。プライベートエクイティ社内で、秘書さんやIT部門が形成する絶大な「社内インテリジェンスコミュニティ」につき、実体験をもとに解説します。
未経験PE転職~未経験からプライベートエクイティ転職を果たした3大教訓!
未経験PE転職~未経験からプライベートエクイティ転職を果たした3大教訓!
プライベートエクイティファームに転職すると、確かに投資銀行や戦略コンサル出身者が多数いるのですが、他にも官僚・メーカー・弁護士出身と、多彩な人材が働いています。そんな彼らが他のエリート候補者との選考競争を制してめでたくPE業界に転職できたのは、その背景に共通の資質が見て取れます。以下ではコンサル・投資銀行以外の経歴でもプライベートエクイティ業界転職に成功する為の、普遍的な教訓を解説致します。
PE投資の実践的仕事内容~未経験者が転職前に知るべき、リターンの3大源泉とは?
PE投資の実践的仕事内容~未経験者が転職前に知るべき、リターンの3大源泉とは?
プライベートエクイティ業界に転職する前に、そもそもプライベートエクイティ投資のリターンの源泉3大パターンをしっかりと理解しておく必要があります。コンサルや投資銀行からの未経験PE転職では、PE業界内の常識的なフレームワークにも不慣れなものです。今回はPE投資のリターンの基礎的な3大源泉について解説します。(写真はプライベートエクイティ転職徹底対策テキストより抜粋)
1
3
5
6
総合アクセスランキング