最強の恐竜企業・三菱商事に入社すべき人と退社・転職すべき人6ポイントとは?

最強の恐竜企業・三菱商事に入社すべき人と退社・転職すべき人6ポイントとは?

総合商社トップ企業の三菱商事。好待遇と国内ブランドの強さで知られる反面、多くの若手が時代に合わないカルチャーから転職しています。三菱商事でのキャリアが合う人と、転職して新天地を求める人は、何が違うのでしょうか。そのポイントを解説します。

三菱商事プチグローバル・国内ブランド安定志向にとっては最高のキャリア

.規模の大きなプチグローバルキャリア

総合商社のトップファームとして、規模の大きな案件に携わることができます。

また年年ほど海外勤務することができます。

ただし滞在先での日本人相手のビジネスが多く、組織も日本人が大半であるため、プチグローバル志向の人に向いています。

.老後の心配一切なし?解雇がないローリスクミドルリターン

解雇されない割に、給料は高水準です。コンサルや外資金融に比べ労働時間も短く、かつ昔の「総合商社は激務」というイメージは薄れ、ワークライフバランスは随分と改善しています。

国内企業最高水準の高給を、長期間継続的に享受することができます。

入社時は低くとも二年目から毎年万単位で上乗せされ、で万水準、で万、歳で万、部長になれば万という高水準の年収を手にすることが可能です。

まで働けば退職金の万に企業年金年間万弱、それにKの積み立て(毎年万程度)で、老後資金は合計一億弱が、公的年金に上乗せされます。

資源高騰時代に蓄えた潤沢なキャッシュと、過去に購入した資産の含み益で、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける