ヤバキャリア「銀行員」のコンサル・外資金融・プライベートエクイ転職の実態とは?

ヤバキャリア「銀行員」のコンサル・外資金融・プライベートエクイ転職の実態とは?

銀行業界が直面する不況は、従来のようなイールドカーブのサイクルでもなく、また不良債権でバランスシートが痛んでいるわけでもありません。政府の強烈な支援とキャッシュじゃぶじゃぶ状態が続いたにも関わらず、ビジネスモデルの多くが立ちいかなくなった構造不況に迅速に対応できませんでした。しかも、より必要な若手採用を減らし、結果的に「しがみつく働かない高齢バンカー」比率が高まっています。仮にあなたが銀行にあと20年しがみつけない年齢だとしたら、動くのは、これ以上大量の銀行退職者が市場に溢れ返る前の、イマです

銀行からの転職先として人気のコンサル・外資金融・PE業界の転職実態

2018年、銀行の人員削減、採用減が頻繁に取り上げられるようになりました。それから好況にもかかわらず採用は抑えられ、かつ2020年のコロナショック以降は人材の銀行離れに拍車がかかっています。

第一に、市場環境の悪化が挙げられます。低金利継続(アメリカは2%に10年ぶりに戻したが、日本はいまだ出口の見えない金融緩和が継続)やAIやブロックチェーンの浸透で今後ますます仕事がなくなるなか、50代中盤以降ですでに”逃げ切り態勢”に入っていない限り、銀行員としてのキャリアに不安を抱くのは当然の心配でしょう。


第二に、市況だけでない、根本的なビジネスモデルへのチャレンジがあります。2000年初頭に不良債権処理で銀行がつぶれたとき、日本に進出したての外資系投資銀行やコンサルティングファームが大きな受け皿となりました。実際長銀出身の人がこれら外資系にいち早く転じたため、長銀閥がいたるところでつくられたものです。


ただ今回の”銀行員流出”はビジネスモデルとスキルの陳腐化に起因するので、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける