プライベートエクイティ入社後、デキる人がパーティで心掛ける3大ポイントとは?

プライベートエクイティ入社後、デキる人がパーティで心掛ける3大ポイントとは?

プライベートエクイティビジネスの本質は、「超エリート集団による営業」です。その営業は、投資先のオーナー及び経営陣への営業(説得)と、LP投資家へのファンドレイズ営業の両輪となります。そしてその営業は、PE業界で恐ろしく多い、PEカンファレンスやPE業界パーティーでの、数々での振る舞いで、決定的な差がつきます。本コラムでは、プライベートエクイティファームの「年次報告会」で繰り広げられる営業の現場と必須スキルについて解説します。

プライベートエクイティの本質は超エリート集団による「営業」


プライベートエクイティに「営業スキルは必要ない」などと勘違いしているエリートは、意外に多い。現実はむしろ真逆だ。


プライベートエクイティ業界は、人間対人間で相手側に好かれないと、なりたたない。事業承継案件をバイアウトしたくて創業株主を口説くときもそうだし、LP投資家担当者があなたを好かないと、だれもアンカー投資家(ファンドレイズで一番最初にコミットの名乗りあげてくれる最重要投資家)にはなってくれない。


さらにいうと、その投資家が信頼され、好かれる人間でないと、優秀な実務家もそう長く彼の下で働いてくれず、他社に転職してしまうのである。


そして、グローバルでLP資金を集めるファンドは、営業スキルもグローバルでなければいけない。本コラムでは、日本拠点のプライベートエクイティが年次報告のために海外LPを日本に集める「年次報告会」の営業現場について解説する。


「オードブルおじさん」の驚愕


「報告会」とは名ばかりで、カリキュラム的には冒頭にだけファンドのパフォーマンスや最新の進捗を共有するものの、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム