PE投資失敗パターン:経営改善できないのに金があるだけで買収するのは犯罪行為?

PE投資失敗パターン:経営改善できないのに金があるだけで買収するのは犯罪行為?

プライベートエクイティ投資に失敗する原因は、そもそも資金があるだけで経営改善できない買い手に、資金を供給するLP投資家に責任の一端があります。そもそも日本のPE市場は優良案件の数より、それに投資したいファンドの数のほうが多いので、成長ポテンシャルのある会社が、バリューアップ能力のないファンドに変われると、社会の様々な資源が無駄になってしまうのです。つまるところ、他のファンドのほうがバリューアップできる案件には手を出さない事が、社会の全体最適を考えたPE投資家の「広義の規律」だとも言えるでしょう。

経営改善できない企業買収は、資本市場への犯罪行為?

金融で働いて思うのは、お金があるだけで経営改善できないファンドは、資本市場に大迷惑をかけている、ということです。


まず投資される企業にとって、お金は問題ではありません。というのも、大塚家具のように手が付けられない案件でもない限り、大抵コントロールバイアウト案件は複数の買い手がいるので、対象企業にとってはお金の出どころはいくらでもあるわけです。


問題は、買収後の企業をどのように経営改善し、成長させていくかです。多くのファンドは別に経営のプロでもなければ、経営のプロを抱えているわけでもないので、バリューアップの能力を持っていないケースも散見されます。しかし、問題はそのようなファンドが、お金だけは持っているときです。


お金だけは持っているので買収合戦に勝利して高値掴みして、その案件への投資家に損失を与えます。しかし、買収後の会社をろくに経営したり、良い経営チームをリクルートできるわけでもないので、買収先の価値をさらに落としてしまいます。この時、得するのは高値で買ってもらった売り主だけで、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける