35歳からのコンサル転職~そもそも貴方は現職の”スタープレーヤー”か?

35歳からのコンサル転職~そもそも貴方は現職の”スタープレーヤー”か?

様々な現場で経験をした後、より専門性を高めるためにコンサルへ転職する人は少なくない。 では、30代半ば以降のコンサルティングファームへの転職の実情はどうなのだろうか。

なぜ30代半ばでコンサル転職を志望するのか?

 様々な企業で会社の不条理を目の当たりにし、それでも何ら改革されない現状に忸怩たる思いを抱いてきた貴方。大局的な市場の変化に対応できず、成長分野をみすみす競合に奪われていくが社内的には何も動かないサラリーマン体質の経営陣に、嫌気と怒りを覚えているのではないか。

かといって今までライバル視してきた競合会社に移るのも気がひける。
そこで第三者の立場で多様な企業の経営改善に当たれるコンサルティングファームを目指す人は多い。

では、自社のみならず様々な企業、産業の問題点を解決して日本の経営、ひいては経済に貢献したいという問題意識溢れる30代後半にとって、外資系戦略コンサルファームへの転職はどれくらい現実的なことだろうか? 

輝かしいキャリアがあっても、30台中盤でのコンサル転職は難しい

 外資セミナーでは東大を出て官公庁で勤務し、外資系総合電機メーカーと金融機関で勤務し、30後半でセミナーに参加された方がいた。

ついでに言うと彼女は米国有力MBAホルダーでもある。
能力的にも経験的にも申し分なし。
しかし現実的に言って、コンサル未経験者で30後半であれば、そんな彼女にしてもコンサルファームへの転職は極めて難しい。

これは能力の問題と言うよりひとえに、”同じような能力スペックの人がコンサルファームには大挙して押し寄せており、20代後半のシニアコンサルタントにとって、30後半の人はどうも部下として使いあぐねる”というのがあるからだ。

また年齢的にはマネジャーかシニアマネジャーの年齢に達している(出世が早い人は30代中盤でジュニアパートナー、40前後では立派にパートナーに昇進)。

ファームとしては一人でコンサルのプロジェクトマネジメントをできるのみならず、お客さんを開拓してファームの売り上げに貢献することが求められる年齢なのだ。

そんななか、同じ年齢くらいのあなたが「コンサル転職して、コンサルを一から勉強します」と言われても、いくら優秀でも使いづらいものなのである。

自分のライバルは既に、10年以上のコンサル経験を積んでいる:あなたは前職から客を引っ張ってこれるか?

 かつあなたのコンサルタントとしてのライバルは、貴方の年齢に達する頃にはすでに10年選手。これを今さらコンサルを始め、学習カーブが落ちる30代後半にコンサルを始めた貴方が勝てる可能性は低い。

私は個人的にはコンサルタントは事業会社や他の産業で経営を回したことのある人の方が、地に足のついた真っ当なアドバイスが出来ると確信しているが、上記の理由によりコンサルへの転職は極めて難しいであろう。

ただし、これはコンサル転職でも投資銀行転職でも、それこそプライベートエクイティ転職でも未経験者転職を果たす人に言えることだが、「とにかく継続的に上質の客を引っ張ってこれる人」は未経験者でも採用されうる。

たとえ40代であっても、特に前職の客を引っ張ってこれるような人は外資金融・コンサルで数倍もの給料で引き抜かれてくることはいくらでもある。(もちろん、”客を引っ張てくるから雇え”みたいな尊大な態度は問題外なのは間違いないが。。

なおコンサル業界は現在、好況で慢性の人不足なので、客を引っ張ってくると威張られても困るかもしれない。むしろ客を選べる立場のコンサルタントは”面白いプロジェクトを、優秀な同僚と一緒にこなしたい”と思っているものである。

その意味でも、あなた自身が信頼され、魅力的で”一緒に働きたい”と思わせる人でなければならないのは言うまでもない。

キャリアビジョンを考えたとき、コンサル転職以上の選択肢も複数存在

往々にして、コンサル転職を希望して当セミナーの門をたたく方々が、よくよく話を聞くと、それこそ留学した方が良かったり、PEファンド転職のほうが向いていたり、PE投資先のポートフォリオ企業でCMOやったほうが良かったりする。

本人がコンサル転職したいと思われている本質的な志望動機が、必ずしもコンサル転職に結びつかないことも多いのだ。


 また、貴方が現職の業界でスター選手であれば同じ会社、同じ業界の経営企画等に入れるはずだし、ひょっとしたらエージェントを通してプライベートエクイティのオペレーティング・パートナー(投資先のポートフォリオに入り込んで経営改善する職種)の道もあるかもしれない。

コンサル転職の適性を、35歳ならばなおさら深く考えなければならない。20代ならコンサルを数年やって次に雇われやすい。

しかし30後半で、コンサルの適性が無くすぐに転職することになっても、選択肢の幅はぐんと狭まり、また転職先の質が落ちていることも往々にしてあるからだ。

コンサル転職前に、前職で自分がトッププレーヤーだったかどうかを自問しよう

 
 コンサル転職というとステップアップというイメージが大きいが、現実はそれほど甘いものではない。これらの業界への転職は、貴方がスター選手であるという前提が必要で、もしあなたが今の会社でスタープレーヤーと看做されていなければ、それより一般的に高いレベルのプロフェッショナルが集結する戦略コンサル転職を35歳以上で目指すのは、年齢バリアとコンサル後の転職先を考えたとき、極めて難しくなるだろう。

逆に、どんな業界でもスター選手であった人は、「本質的で基本的な働き方」が優れているので、他業界に転職しても優れたパフォーマンスを残すものである。

自分が現職でのスタープレーヤーなのか、それともその他大勢に含まれるグループなのか。この辺りをしっかりと見極めた上で、コンサルを含めた転職活動をするべきである。

そして、それを見極めた上で転生活動、特にコンサル・外資金融を目指すのであれば、是非STRONG CAREERのセミナー・教材等を通してサポートさせていただきたい。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69