ローランドベルガーへの転職前に知るべき7ポイント~日本での評価・年収の実態!

ローランドベルガーへの転職前に知るべき7ポイント~日本での評価・年収の実態!

ローランドベルガーに転職を検討する前に、他のコンサルファームに比べた時の特徴をしっかりと理解されていますか?ローランドベルガーは数少ない欧州系の後発ファームですが、日本でのブランドは常にMBBより低いものの、グローバルトップ10の一角を占めています。日系カルチャーが強く、中規模ファームで、ドイツ出身という背景がどのような特徴につながっているのか?ローランドベルガーへの転職をご検討されている方は、以下の7大ポイントをご一読ください。

ローランドベルガーへの転職前に知るべきポイント日本での評価・年収の実態!

ローランドベルガーはATカーニー同様、Tierの戦略コンサルティングファームです。中規模であること、後発であること、欧州系であることからくる特徴を以下にまとめます。

.ローランドベルガーはMBBが受けない仕事を高いレベルで行う

後発で中規模でブランドが比較的弱いことから、マッキンゼー、BCGが受けなかった安い案件、クライアントの期待値が高い案件を拾うことになります。

またはなからMBBだと値段が合わない単価安めの案件を受けることもあるので、結果的にMBBがトップマネジメントをカウンターパートにするのに対し、現場レベルのカウンターパートが多くなります。


しかし値段がMBBより安い割に、プロジェクトスコープを広くとり、時には度外視して働いてくれるので、クライアント受けの高いファームとして業界では有名です。

.ローランドベルガーはPEファンドからデューディリジェンス案件で高い評価

近年のファームの拡大は、PE業界の拡大とデューディリジェンス案件の増大が成長要因の一つとなりました。...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける